天理大・森浦6球団前で12K「試合を作れる」監督

天理大・森浦6球団前で12K「試合を作れる」監督

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

天理大・森浦大輔(2020年8月31日撮影)

<阪神大学野球:天理大6-1大産大>◇第2節第2日◇18日◇南港中央

関西国際大が、18年秋以来のリーグ優勝に王手をかけた。大体大との初戦は2本塁打を浴びて引き分けたが、20日の次戦に勝てば優勝が決まる。 関西国際大に並ぶために連勝が条件の天理大は、エース森浦大輔(4年=天理)が8回を1点に抑えて快勝。森浦は大産大打線から12三振を奪っての大学通算21勝で、今秋ドラフト上位候補の貫禄を見せた。甲南大は追手門学院大との接戦を制した。

◇   ◇   ◇

天理大は落とせない一戦で森浦が好投した。直球、変化球で追い込んではチェンジアップを決め球に空振りを奪い、2試合連続12奪三振。

阪神、巨人など6球団が見守る前で結果を出し、「追い込んでから自分のボールで勝負できました」と振り返った。負ければ関西国際大の優勝が決まる試合で踏ん張ったエースを、藤原忠理監督(54)は「先制点を与えないという先発として大事なことをやれる。試合を作れる投手」とねぎらった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加