西武のドラ7・仲三河「緊張感で疲れ」 新人合同自主トレ第2クールに突入

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/01/14

◆「タイトルを獲れるような選手に」

西武のドラフト7位・仲三河優太選手(18=大阪桐蔭高)が14日、新人合同自主トレ後のオンライン取材に応じた。

休息日を挟んだ第2クール初日、ランメニューなどを消化した仲三河は「多くの人に見られているので、野球の疲れというよりは今までにないような緊張感で疲れている部分もある」と、ルーキーならではの疲労感を明かしつつ、「自分のペースで」とティーバッティングでは鋭いスイングを披露。同期に負けじとバットを振り込んだ。

大阪桐蔭高の先輩でもある中村剛也と岡田雅利にはあいさつ済みで、打撃練習を横目に「軸がぶれていないというか、自分のポイントで打っていた。凄いなと思いました」と、第一線で活躍する先輩たちの凄みを間近で感じた。

若獅子寮では昨季の新人王に輝いた平良海馬の部屋を継承し、「自分もその部屋にふさわしいような記録を作れたら」と意欲十分。「まず一年目はカラダづくり。怪我をしないカラダを作って、タイトルを獲れるような選手になりたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加