ワーママにおすすめ一汁一丼!子どもに必要な栄養が一度にとれる15分レシピ2選

ワーママにおすすめ一汁一丼!子どもに必要な栄養が一度にとれる15分レシピ2選

  • たべぷろ
  • 更新日:2020/06/06

こんにちは!元保育士の幼児食インストラクター山口礼です。今回は、夜ごはんが15分で完成する一汁一丼のレシピ2選をご紹介します。一汁一丼なら、たんぱく質も野菜も一緒に摂れる献立が簡単にできちゃいますよ。メニューは「親子丼&白だしのニラスープ」と「鮭チーズ丼&冷凍餃子のスープ」です。効率よく夜ごはんを作りたいワーママに、ぜひおすすめのレシピです。

親子丼&白だしのニラスープ

No image

【材料】(2人分)

<親子丼>
鶏もも肉 1枚
酒(鶏肉に揉み込む用) 大さじ1
玉ねぎ 1/2個
☆めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
☆水 150cc
卵 2個
ごはん 2膳分
小ねぎ(あれば) 適量

<白だしのニラスープ>
ニラ 1/2束
玉ねぎ 1/2個
コーン 1/3缶
☆白だし 大さじ2
☆水 500cc
☆酒 大さじ1
塩 少々

【丼と汁物の下ごしらえ】
鶏肉は小さめの一口大、玉ねぎ1個は薄切り、ニラは5cm幅に切って保存袋に入れる。鶏肉には酒を揉み込む。

No image

朝のうちに下ごしらえセットだけ作っておいて、保存袋のまま冷蔵庫に入れておきます。夜ごはん作りのときは、下ごしらえセットを火にかけていくだけなので簡単です。

玉ねぎは、親子丼とスープに半分ずつ使います。

【作り方】

<親子丼>
1.フライパンに☆と鶏肉・玉ねぎの半分を入れて煮立たせる。卵は割って軽く溶いておく。

No image

玉ねぎの残り半分は、スープに使います。

2.具材に火が通ったら、卵液の2/3をまわしかけてフタをする。(弱火)

No image

3.卵が固まったら、残りの卵液をまわしかける。中火で10秒ほど加熱して、好みの半熟になったら火を止める。

No image

4.丼に白ごはんを盛り、(3)を上にかける。あれば小口切りにした小ねぎをのせて完成。

No image

<白だしのニラスープ>
1.鍋に☆と残りの玉ねぎを入れて煮立たせる。だいたい火が通ったらニラを加える。

No image

白だしを使うので、味が簡単に決まります。

2.ニラが鮮やかな色になったらコーンも加える。

No image

塩で調味して完成。

鮭チーズ丼&冷凍餃子のスープ

No image

【材料】(2人分)

<鮭チーズ丼>
甘鮭 2切れ
酒(鮭にふる用) 大さじ1
冷凍枝豆 ひとつかみ
ごはん 2膳分
ピザ用チーズ お好みの量

<冷凍餃子のスープ>
玉ねぎ 1/2個
人参 1/3本
☆水 500cc
☆鶏がらスープの素 大さじ1
冷凍餃子 6個
塩 少々
ごま油 小さじ1
小ねぎ(あれば) 適量

【丼と汁物の下ごしらえ】
鮭に酒をふる。玉ねぎは薄切り、人参は千切りにする。冷凍枝豆は、レンジで解凍する。(600W2分)

No image

【作り方】

<鮭チーズ丼>
1.鮭にラップをしてレンジで加熱する(600W・1分30秒)。鮭を裏返して、またラップをして加熱する(1分30秒)。

No image

鮭を見て加熱が足りなければ、30秒くらいずつ加熱を追加してください。加熱し過ぎると固くなってしまうので、余熱で熱が通りきるくらいがベストです。

2.鮭をほぐして骨と皮を取り、フレーク状にする。

No image

3.丼にごはん・鮭・枝豆・ピザ用チーズをのせる。レンジで1分加熱してチーズが溶けたら完成。

No image

時間がなければ、チーズなしで鮭と枝豆の混ぜごはんにしてもおいしいです。

<冷凍餃子のスープ>
1.鍋に☆と玉ねぎ・人参を入れて煮立たせる。

No image

2.餃子を入れて煮立たせて、5分ほど加熱する。火が通ったら、塩をふって火を止める。ごま油をかけて完成。

No image

器に盛ったら、あれば小口切りにした小ねぎをのせます。

下ごしらえとレンジが時短のポイント!

親子丼では事前の下ごしらえ、鮭チーズ丼ではレンジ加熱が時短のポイントになります。

一汁一丼は、時間がないワーママにおすすめの時短献立です。丼と汁物だけで、たんぱく質も野菜も摂れる献立が完成します!また、丼だと盛り付けも後片付けも簡単に済ませられて、スピーディーにできますよ。

今回は、より時短で仕上げるために、食材の下ごしらえをしたり、レンジを使ったりするレシピになっています。

まず親子丼は、事前に食材を切ってポリ袋に入れておくことで、夜にする作業量を減らします。夜、仕事が終わってへとへとな状態で、包丁を取り出すところから始めるのはしんどいですよね。前もって食材を切っておくだけでも、だいぶ心にゆとりが持てます。

親子丼の下ごしらえセットは、ポリ袋に入れた状態で冷凍保存もできます。使いたいときは、解凍してから同じ手順で作りましょう。冷凍保存目安は、2週間です。冷凍しておくと、加熱したときに火の通りが早いので、より時短になります。

鮭チーズ丼は、鮭をレンジで加熱することで時短につながります。魚焼きグリルを使わないので、洗い物も楽ですよ。レンジで蒸し焼きのように加熱するので、鮭がふっくら仕上がって、一石二鳥です。

No image

一汁一丼の夜ごはんは忙しいワーママの味方!

「毎日の献立づくりは悩みのタネ」というワーママも多いのではないでしょうか。

そんなお悩みには、一汁一丼がおすすめです!献立がパッと決まって、調理も盛り付けも後片付けも楽ちんですよ。丼と汁物だけなので、完成図をイメージしやすくて、献立を立てやすいです。使う調理器具も、盛り付けるお皿も少なくて済むので、効率的に夜ごはん準備ができます。

一汁一丼の献立は、手抜きメニューかと思いきや、意外と子どもには食べやすいと好評です。丼は、スプーンのひとすくいで白ごはんとおかずが一緒に口に入るので食べやすく、子どもの夜ごはんにぜひおすすめです。

丼と汁物を効率的に15分で完成させられるので、そのぶん子どもとのくつろぎタイムや、ほかの家事の時間にあてられますよ。

献立づくりが楽になる一汁一丼のレシピをご紹介しました。時短重視のワーママの夜ごはんにもってこいなメニューです。ぜひ、お試しください。

食育・幼児食インストラクター 山口礼

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加