23日広島戦先発の阪神・才木 抜群の安定感&積み上げてきた努力で勝機を「いつも通り挑めたら問題ない」

23日広島戦先発の阪神・才木 抜群の安定感&積み上げてきた努力で勝機を「いつも通り挑めたら問題ない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

“安定の才木”で望みをつなぐ。23日の広島戦に先発する阪神・才木は、熾烈なCS争いを繰り広げる相手からの価値ある1勝の奪取を宣言。1軍昇格から大崩れしてない投球を維持して、勝機を見いだすつもりだ。

No image

練習前に笑顔を見せる才木(左から2人目)(撮影・坂田 高浩)

「一試合、一試合に対して勝ちにこだわるのは今に始まったことじゃない。いつも通り、試合に挑めたら全然問題ない。明日しっかり投げられるようにやっていけたら良い」

チームは5位に転落し、4位の広島とは1ゲーム、3位・巨人とは1・5ゲーム差がついた。負ければ終戦に近づいてしまう重圧のかかる一戦。それでも、23歳は驚くほど肩の力が抜けていた。

みなぎる自信の裏には積み上げてきた結果がある。20年に受けた右肘のトミー・ジョン手術から本格復帰した今季。7月に昇格すると7試合で4勝1敗、防御率1・54と出色のパフォーマンスを誇示する。クオリティースタートが5度、2失点以下が6度と大崩れしていない。

「投げさせてもらってる試合で試合を壊したり、大量失点が1試合も無いっていうのは自分の中ですごく良いこと。明日も6、7回とか最低でもそれくらいはしっかり投げて試合をつくれるように」

術後のため中10日程度の間隔を空けて起用する首脳陣の配慮に結果で応えている。レギュラーシーズン最後のマウンドも仕事を果たすつもりだ。

広島とは9月1日に対戦し6回無失点の快投。降雨コールドゲームとなったため、プロ初完投初完封を記録するなど印象は悪くない。「一番は自分のピッチングをすること。自分のボールが投げられたら抑えられる」。復活ロードの道半ばながら、シーズン最終盤でのしびれる戦いに身を置ける幸せも感じる。

「昨年だったら全くゲームに参加できてない。こうやって終盤に先発で投げさせてもらえるっていうのはありがたい」。底力を見せる時が来た。(遠藤 礼)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加