鳥栖が敵地で今季初勝利、DF森下V弾/東-鳥8節

鳥栖が敵地で今季初勝利、DF森下V弾/東-鳥8節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

東京対鳥栖 前半、ゴールを決め喜ぶ鳥栖DF森下(撮影・足立雅史)

<明治安田生命J1:東京2-3鳥栖>◇1日◇第8節◇味スタ

前節終了時点で15位だったサガン鳥栖が、同4位東京にアウェーで快勝した。

鳥栖の先制点は前半30分。右クロスがゴール前でルーズになったところにいち早く反応したFW石井快征が右足ダイレクトで蹴りこんだ。

同39分にFC東京がセットプレーで追いつく。FWレアンドロが、右より約20メートルの地点で自らが得た直接FKを右足でゴール右隅へ決めた。

前半終了間際の43分に鳥栖が勝ち越しに成功。DF森下龍矢が中央約20メートルから左足で鋭いミドルシュートをゴール右隅へ決めた。

後半11分にもFW趙東建のゴールで突き放した鳥栖。41分にオウンゴールで1点差とされたものの4分間のロスタイムまで守りきり、敵地で勝ち点3を手にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加