【NJKF】メインでベテラン・国崇と沖縄のNo-Ri-が激突、AyakaとMARIが対戦=11.21岡山

【NJKF】メインでベテラン・国崇と沖縄のNo-Ri-が激突、AyakaとMARIが対戦=11.21岡山

  • イーファイト
  • 更新日:2021/10/14
No image

国崇(右)とNo-Ri-(左)が対戦する

11月21日(日)に岡山・マービーふれあいセンターで開催される『NJKF拳之会主催興行17th~ NJKF2021 west 4th』の対戦カードが発表された。

メインイベントでWKAムエタイ世界フェザー級王者・国崇(NJKF拳之会)が、TENKAICHI元バンタム級王者・No-Ri-(ワイルドシーサーコザ)と[57kg契約 3分5R※ヒジあり]で対戦する。

No image

NJKF拳之会主催興行17th~ NJKF2021 west 4th

国崇は41歳の大ベテラン。これまでISKAムエタイ世界フェザー級王座、WBCムエタイインターナショナルスーパーバンタム級王座といったベルトを獲得し、現在はWKAムエタイ世界フェザー級の王座に君臨している。
今年4月の『NJKF2021 west 2nd』岡山大会では、プロ100戦目を翔平相手にTKO勝利。前戦は9月のNJKF後楽園ホール大会で、元NJKFスーパーバンタム級王者・前田浩喜にTKOで敗れており、今回が再起戦となる。

対するNo-Ri-は沖縄の格闘技イベント『TENKAICHI』を主戦場とするファイターで、バックスピンキックなど派手な大技を武器とし、入場時は派手なダンスを披露して会場を沸かせる人気ファイターだ。
前戦は今年5月のKNOCK OUTで、栗秋祥梧にTKO負けを喫している。No-Ri-は今回の試合に向け、10月1日に自身のSNSで「前回の試合みたいにならないように暴れて勝ちに行きたいと思います!」と意気込みを綴っている。

No image

伊藤紗弥にパンチ連打でKO勝利するAyaka(左/昨年2月・RISE)

ダブルセミファイナルIIでは[ミネルヴァ アトム級2分3R]でミネルヴァ ピン級王者・Ayaka(NJKF健心塾)と、ミネルヴァ アトム級3位・MARI(ナックルズGYM)が対戦。

Ayakaは2019年の高校生時にNJKFミネルヴァピン級王座を戴冠。昨年は『RISE GIRLS POWER』にも出場している。
対するMARIは元NJKFミネルヴァピン級王者。15年、19年には『Girls S-cup』のメンバーに選出された実績を持つ。今年3月、7月にはK-1に参戦し高梨knuckle美穂と激闘を繰り広げている。

ダブルセミファイナルIでは佐野克海(NJKF拳之会)と☆HIRO☆(VERSUS)が[70kg契約3分3R+ex1※ヒジあり]で対戦する。

プロ公式戦は全8試合、オープニングファイトでアマチュア9試合が行われる。

☆この大会の詳細、対戦カード、チケット情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加