市販薬1日10錠で23年しのぎ...便秘に苦しむ編集部員の「出ない」原因

市販薬1日10錠で23年しのぎ...便秘に苦しむ編集部員の「出ない」原因

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/06/11
No image

ドーンと並んだ3カ月分の薬、2万280円をカード払い。便秘用の酸化マグネシウム錠とともに、ミヤBMやレベニンS、モサプリドなどサブ的な薬も。これを最後に次の病院を探すべく、宛先なしの紹介状ももらってきた(撮影/伊藤忍)

20年以上長きにわたり、便秘に悩まされてきたアエラ編集部員。AERA 2021年6月14日号では、専門外来をハシゴした記録を紹介する。

【写真】大腸内視鏡検査の間は点滴

*  *  *

20代で便秘になって以来、市販薬でしのいできたというアエラ編集部員。箱に書いてある規定量では出なくなり、少しずつ量は増え……23年経ち、1日10錠飲まないと出ない腸になっていた。その話を聞いたとき、「今すぐ便秘外来へ! せっかくだから、いつか腸活企画でルポを」と筆者は進言。2年前の話だ。便秘外来では、目に見えない病気がないかを診察した後、薬を処方しつつ食生活のアドバイスも行う。

2019年11月19日。血液検査の結果、「目に見えない病気」は無く至って健康だった。腸内の水分不足を解消する「酸化マグネシウム錠」と、便秘で吹き出物もひどかったので「ツムラ十味敗毒湯エキス顆粒」を処方される。病院の薬と市販の薬の大きな違いは、便秘外来では「習慣性のある薬」はなるべく処方しない点にある。自力で排便することを目指すからだ。

2カ月後の20年1月21日、薬が4種類に増加。食生活指導も。

「毎日のヨーグルト。オリゴ糖。玄米、ゴボウ、海藻、納豆。ひたすら続けるように言われた」

普通の人が実践したら、トイレから離れられなくなりそうなほど腸活フードを食べまくり、薬も毎日欠かさず飲んだ。それでも「週に1回しか出ない」。

10月6日。総合病院に約1年通ったわけだが「ここまで」と思い、次に地元の肛門科・胃腸科専門の病院へ。これまで処方されていた薬に2種類が追加されて全6種類に。同時に大腸内視鏡検査を勧められる。

11月13日、生まれて初めての大腸内視鏡検査。いざカメラが入ると、腸が狭すぎて、長すぎて、レンズが腸の最後まで到達できなかったという。医師がカメラを動かしつつ、看護師が2人がかりで体の向きを変え、どうにかカメラが通らないかがんばってくれたらしいが……あまりの痛みに涙が出たらしい。

年が明けて1月9日、2回目の検査。今度はうまくいった。検査中に医師から言われたのは、

「あー、これじゃ出ないよね。腸が伸びちゃってる」

「市販薬、20年? 10錠!? そりゃ、こうなるよね」

「伸びたゴムって戻らないでしょ。この腸も、完全回復は無理かもしれないね」

2月2日、大腸内視鏡検査の正式な結果を聞くため通院。腸に病的な異常はないという。伸びているだけ──。薬と食生活でだましだましやっていくしかない、とのこと。この日、さらに薬が増えて8種類に。

調剤薬局で会計。3カ月分で2万280円。「たかっ!」と声が出る。薬剤師、「まだジェネリックが登場していない、新しい薬が追加されています」。

5月上旬に、2万円超の薬も飲み終わった。今は「もっと最先端の何かをしてくれる便秘外来はないのか」と探している。(ジャーナリスト・向井翔太)

※AERA 2021年6月14日号

向井翔太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加