大相撲データBOX 落合が所要1場所で十両昇進 無敗で昇進は約25年ぶり4人目

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25

日本相撲協会は25日、春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、初場所で幕下15枚目格付け出しで初土俵を踏み、7戦全勝優勝を飾った落合(19)=宮城野部屋=の新十両昇進を決めた。所要1場所での昇進は史上初の快挙。

◉…新十両昇進のこれまでの最速は付け出しで所要2場所。最下位格の元横綱輪島や元大関武双山(現藤島親方)、10枚目格では現役の遠藤、逸ノ城、御嶽海ら10人以上が記録している。

◉…過去に幕下付け出しから無敗のまま十両へ昇進したのは輪島(日大出身)、武双山(専大出身)、元大関雅山(現二子山親方、明大出身)。落合は約25年ぶり4人目となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加