ドラフト1位・栗林良吏が登板か。そして前回王者・JFE東日本に新人右腕が挑む。都市対抗野球 11月22日(日)のみどころ

ドラフト1位・栗林良吏が登板か。そして前回王者・JFE東日本に新人右腕が挑む。都市対抗野球 11月22日(日)のみどころ

  • J SPORTS
  • 更新日:2020/11/21

第91回都市対抗野球大会が、11月22日(日)に開幕する。今大会は1試合1万人以内という人数制限が設けられ、観客は1試合ごとの入れ替えも行われる。また、7月に予定されていた東京オリンピックの影響で、「ドラフト後」の開催となった。

No image

都市対抗の「華」と言える集団的な応援も実施されず、率直にいって寂しさは否めない。とはいえコロナ禍の中で有観客開催にこぎつけたことは、多くの関係者の思いや努力があったからこそ。制限があるとはいえ、東京ドームという晴れ舞台で、社会人野球の頂点を極める大会が開催できる。その現実をまず喜びたい。

大会初日の22日は2試合が開催される。第1試合はJFE東日本(千葉市/推薦)と、三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)の対戦だ。

JFE東日本は昨年の第90回大会を制し、今大会は予選免除の推薦出場。したがって補強選手制度は活用できない。チームは11月に入って4試合の練習試合を消化している。

16日の日本製紙石巻戦は本田健一郎が先発し、本定史好、高木寿がつなぎ、須田幸太が締める継投で6-1と勝利した。本定は上武大学出身の新人だが、昨年からの「プラスアルファ」となる。

元DeNAベイスターズの須田幸太はプロで8年プレーした後、昨季からJFE東日本へ復帰。昨夏の大会はリリーフで5試合登板し、橋戸賞(最高殊勲選手賞)にも輝いた。球速こそ140キロ台前半だがノビ、キレで空振りを奪う本格派だ。34歳の彼にとってコンディションの維持は容易でないだろうが、大一番の勝負強さに期待したい。

打線は北海道日本ハムファイターズから6位指名を受けた、フルスイングの外野手・今川優馬、強打の内野手・平山快と人材豊富。また峯本匠はセカンド、内藤大樹は指名打者で昨年の社会人ベストナインに選ばれている。人材豊富な王者の戦いぶりが今から待ち遠しい。

No image

三菱自動車倉敷オーシャンズは16年ぶりの出場で、やはり「挑戦者」の立ち位置だ。しかし帝京大学から入社した新人右腕・廣畑敦也が、中国2次予選で大活躍を見せていて、彼から得点を奪うことは容易でない。

No image

予選は3試合に登板して3完投を記録し、防御率も1.41と高水準だった。最速151キロの球威と制球力を兼ね備える好投手だ。矢部佑歩も150キロ台の速球を持つ本格派で、補強選手として好左腕・平岡航(伯和ビクトリーズ)も加わっている。

打線は予選6試合でチーム打率が.176と苦しんだが、高卒2年目で予選はチーム最多打点を記録した1番打者・竹井陸、OBで現ソフトバンクの投手・森唯斗の弟、森祐大捕手などは気になる存在。JR西日本から補強された田村強も、侍ジャパン社会人代表の経験を持つ実力者だ。

第2試合はトヨタ自動車(豊田市)セガサミー(東京都)の対戦だ。トヨタ自動車は東海第1代表で、重要な試合に登場するエースは右腕・栗林良吏だろう。広島カープの1位指名を受けた社会人野球の「目玉」で、150キロ超を記録する速球とフォーク、カットボールで打者を圧倒する。

星槎道都大学から加わった新人右腕・渕上佳輝、大卒3年目の大型右腕、嘉陽宗一郎なども有望株として名の挙がる投手だが、単純にどの投手が出てもハイレベル。

No image

37歳の大ベテラン佐竹功年は予選であまり目立つ活躍をしてないが、大舞台となれば真価を発揮するだろう。王子から補強された近藤均も、2015年の都市対抗で2試合連続完封を記録した実力者だ。

打線は強打の右打者・沓掛祥和が4番に座る。一塁手として昨年の社会人ベストナインに輝き、最多本塁打と最多打点も記録している。3番・樺澤健、5番・逢澤峻介も含めてかなり強力なクリーンアップだ。ショートの和田佳大は中京大から入社した新人で、2次予選は9番打者ながら打率.429とラッキーボーイとなった。

トヨタ自動車は4年前の都市対抗を制した名門だが、当時からは選手がほとんど入れ替わっている。藤岡裕大、源田壮亮のようなプロ入り組は別にしても、当時の主力が「脇役」に回っている例が多い。社会人野球の常とはいえその底上げ、新陳代謝には驚かされる。

セガサミーは東京第3代表。東京2次予選では高卒で入社した20代前半の投手を軸に、継投で勝ち上がってきた。第3代表決定戦で先発し、7回を零封した右腕が草海光貴。上田西高から内野手として加入した変わり種で、身長も168センチしかない。しかし、140キロ台の速球に加えてスライダーがよく、抜群の制球力も備えている。

森井紘斗は184センチ・94キロの大型右腕で、最速152キロの本格派。入社3年目の今ドラフトは指名候補として挙がっていた。右肩の違和感があったと報じられているが、完調ならば今大会の目玉となる。田中太一は読売ジャイアンツでプレーした実績を持つ27歳の右腕。彼も150キロ台の速球を持つ。

No image

打線は本間諒が予選7試合で3本塁打、澤良木喬之が2本塁打と「一発」を期待できる陣容。大型ショート中川智裕、高卒2年目の内野手・大谷拓海など、ポテンシャル的に楽しみな人材が他にも多い。

今季から就任した新監督が広島カープの西田真二氏。歴代の指揮官を「元プロ野球選手」が努めているチームだ。

文:大島和人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加