東京都、抗原定性検査キットの配布対象を全年代に拡大 診療・検査医療機関への検査・受診の集中を緩和

東京都、抗原定性検査キットの配布対象を全年代に拡大 診療・検査医療機関への検査・受診の集中を緩和

  • AMP[アンプ]
  • 更新日:2022/09/23

東京都では、感染急拡大時の診療・検査医療機関への検査・受診の集中を緩和し、発熱等の症状がある人が速やかに適切な保健医療サービスを受けられるよう、新型コロナを疑う症状がある人(有症状者)に対して、体外診断用医薬品として承認を受けた抗原定性検査キットを配布している。

現在、20歳代から40歳代の人までを対象としているが、全年代の人に対象を拡大すると発表した。

1.拡大後の対象者

都内在住(長期滞在者を含む。)で、新型コロナウイルス感染症の発症を疑う何らかの症状がある全年代の人
※濃厚接触者であるかどうかは問わない。

※自身で検体の採取が可能な人に限る(自己採取が困難な場合は、対象とならない)。

2.変更日時

令和4年9月26日 午前9時から

3.申込人法

専用ホームページから検査キットの配送を申込み。
URL:https://tokyo-onsettestkit.jp/

検索人法:
検索サイトで「新型コロナウイルス検査情報サイト」のキーワードで検索(都ホームページ)→『抗原定性検査キットの配布について』に記載の専用サイトから申込み)
※申込数が1日7万キットに達した時点で、当日の受付は終了。

<抗原定性検査キットの申込・配送等に関する問合せ先>
東京都検査キット直接配送事務局 コールセンター
0570-020-205
受付時間:午前9時から午後7時まで(土日祝日を含む毎日)
(参考)新型コロナを疑う症状がある人への抗原定性検査キット配布の概要

〇費用
無料

〇申込みに係る留意点
・発熱等の症状が現れた時点(医療機関受診前)で申込みが可能。
・1回の申込みで1人1キット、同事業実施期間中1人2回まで申込みが可能。

〇配送について
正午までの申込み分が、翌日に配送。

No image

〇検査人法
抗原定性検査キットにより、自身で検体を採取し、検査。15分から30分程度で検査結果が分かる。

〇検査後の対応
・同キットによる検査のみでは確定診断にはならない。
・同キットを使用した自宅での検査で陽性となった場合は、東京都陽性者登録センターに登録。ただし、65歳以上の人、妊婦の人、症状が重篤な場合や基礎疾患等のある人は、医療機関を受診する必要がある。

※東京都陽性者登録センター URL:https://bit.ly/3zZiUzv

なお、My HER-SYS(マイハーシス)による健康観察など、療養中の支援を希望する人は、東京都陽性者登録センターへの登録が必要となる。

・検査結果は、スマートフォンなどで画像として保存し、陽性者登録センターに登録する際に検査結果の画像が必要となる。
※医療機関では、医師の判断により、受診時に再度の検査を行うことなく、同キットによる検査結果を確定診断に用いる場合があるため、受診時に提示できるようにしてほしいとのことだ。
・結果が「陰性」でも感染の可能性を否定するものではない。

AMP News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加