一般の人のアイデアを製品化するサッポロビール「ホッピンガレージ」が誰も知らない新作ビールを届ける定期便サービスをスタート

一般の人のアイデアを製品化するサッポロビール「ホッピンガレージ」が誰も知らない新作ビールを届ける定期便サービスをスタート

  • @DIME
  • 更新日:2021/04/06
No image

一般のビール好きから募ったアイデアを製品化してきたサッポロビールの「HOPPIN’ GARAGE」(以下ホッピンガレージ)が、この春ブランド化。4月から定期便サービスを開始する。

No image

2か月に1回、誰も知らない新作ビールが届く

ホッピンガレージは2018年10月、サッポロビールが開始したビールプロジェクトだ。一般のビール好きから、こんなビールがあったらないいなのアイデアを募り、審査をクリアした選ばれしアイデアが、サッポロビールのブリュワーの技術によって極小ロットで試作される。これまで500以上のアイデアが寄せられ、その中から20本が試作され、そのうち9本を商品化された。

No image

これまで商品化された9本。フラッグシップの「ホッピンおじさんのビール」(右手前)はモザイクホップを使った多彩なアロマが感じられる爽やかな1本。

当然ながら9本はどれもユニークだ。たとえば、ボードゲームカフェのオーナーが提案したゲームしながら飲みたい、飲みながらゲームしたくなる「ボードゲームビール」はホワイトIPAというめずらしいスタイルのビール。おにぎりブロガーが発案した、おむすびとよく合う「和musubi」は原材料にあきたこまちを使用、玄米茶の香りがするビール。「佐世保スイングエール」は佐世保を旅した女性がフラリと入ったジャズバーが原風景の、ウイスキーが似合う店で飲みたいビールというひねりの効いた味わい。と、聞くからにヒトクセありそうな、好奇心そそられるネーミングが並んでいる。

そのホッピンガレージが4月から「ホッピンおじさんの新作定期便」サービスを始める。2か月に1回、フラッグシップ「ホッピンおじさんのビール」と新作のセットが届く。

定期便を予約するとはじめにスターターボックスが届けられる。「ホッピンガレージ」の専用グラス2個、ストーリーブック、2種のビールのマグネットコースターが小さなガレージボックスに詰め込まれている。

第1弾の新作は“腹黒い”らしい

それにしても、なぜ定期便なのか?

昨年からビールの定期宅配サービスが盛んだ。キリン、アサヒ、オリオンなどメジャーを始め、クラフトビールのサブスクも続々登場している。しかしホッピンガレージの場合、飲んだことのない新作が届く。知らないビールという点で、届く前からドキドキ感が高い。

ホッピンガレージを担当するサッポロビール新規事業開拓室の土代裕也さんは、「ホッピンガレージはその人の人生ストーリーをビールにしていくBREW YOUR STORYがコンセプトです。ストーリーには続きがあり、定期的に楽しんでいただくには定期便の形が合うと思います」と話す。

キーワードは人生ストーリーだ。そのビールはどんな背景から生まれてきたのか。

今、日本にはビールはあふれている。クラフトビール人気の高まりとともにビアスタイルの多様性も広がっている。そんな中、ビール好きが振り向くのは、おいしいビールだけではなく、背景が気になるビールだ。そのビールが生まれた背景を知って飲むと、同じビールが味わい深くなるから不思議というもの。

ホッピンガレージは、そんな人ひとりひとりのストーリーが醸すおいしさを最大限活かしたビールブランドといえる。味の多様性だけでなく、そのネーミングやラベルデザインも斬新で楽しい。ビールを楽しむシチュエーションを広げ、さらにその場を盛り上げてくれそうだ。

こんなビールがあったらいいなというアイデアは、ホッピンガレージ公式サイトから応募できる。サッポロビールのブリュワーに、自分のストーリーを醸造してもらうまたとないチャンスである。

「ホッピンおじさんの定期便」は4月スタート。第1弾のビールは、大阪のバー店主、森シュンロウさんのアイデアから生まれた「ナイトラリー」という黒っぽいビール。そのココロは「裏切りがあるから、人生は面白い。」だそうだが、飲んでみてのお楽しみだ。

No image

定期便は12本セット/24セットの2サイズ。いずれもフラッグシップ「ホッピンおじさんのビール」と新作のアソート。新作のストーリーブックとマグネットステッカー付き。

HOPPIN’ GARAGE 公式サイトhttps://www.hoppin-garage.com

取材・文/佐藤恵菜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加