ティファニー・ハディッシュ、児童虐待の訴訟ですべての仕事を失っていた「すべて、なくなったの」[動画あり]

ティファニー・ハディッシュ、児童虐待の訴訟ですべての仕事を失っていた「すべて、なくなったの」[動画あり]

  • TVグルーヴ・ドット・コム
  • 更新日:2022/09/23
No image

ティファニー・ハディッシュ

コメディアンで女優のティファニー・ハディッシュは、児童虐待の訴訟の後に「すべてを失った」と明かした。

ティファニーといえば8月、コミック作家のエリーズ・スピアーズとともに22歳の女性と14歳の少年から、それぞれが14歳と7歳だったころの幼いころに性的虐待を受けたと告発されていた。この児童虐待とグルーミングの疑惑は現在解消されたが、仕事はすべてなくなったようだ。

ティファニーはTMZは、「私のギグはすべてなくなったの。すべて」と話した。「私は仕事がないのよ」と続けている。

この投稿をInstagramで見る

IMDbによると、ティファニーは、ポストプロダクション中のプロジェクトが2つあるが、現在撮影中のものやプリプロダクション中と記載されているものはない。また大手チケットサイト「Ticketmaster」によると、彼女のコメディーツアーの日程は今後決まっていない。

8月にティファニーを訴えた女性と少年は、彼女から、露骨なコメディの寸劇に参加するよう強要されたと主張していた。撮影の一つでは、女性に対しサブサンドイッチをめぐって口論する子供たちの寸劇のためにフェラチオの真似を教えるというものだったと裁判記録にあったという。

しかし、この女性と少年は、今週にこの訴えを却下した。女性は「私の家族と私はティファニー・ハディッシュを長年知っています。そして今、私たちは彼女が私や私の弟を傷つけたり、私たちを傷つけるようなことを誰かがするのを助けたりしないとわかるのです」「私たちはティファニーの幸せを願っていますし、このことを過去のことにできることを嬉しく思っています」とTMZに語っている。

一方、ティファニーとともに訴えられたエリーズ・スピアーズは、彼らの主張を非難していた。

齋藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加