『ガンダム』力強い言葉と判断力...10代で戦場を駆け抜けた「ブライト・ノア」のすごさ

『ガンダム』力強い言葉と判断力...10代で戦場を駆け抜けた「ブライト・ノア」のすごさ

  • ふたまん+
  • 更新日:2022/11/25
No image

『GUNDAM HISTORICA(ガンダムヒストリカ)』(講談社)第7巻

宇宙世紀の『ガンダム』では、アムロ・レイを筆頭にニュータイプと呼ばれる突出した能力を持つエースパイロットにスポットが当てられることが多い。カミーユにジュドーなど、いずれのニュータイプも「最強」の名にふさわしい活躍を見せ人気を集めてきたが、そんな彼らでも頭が上がらないのが、ホワイトベースなどの艦長として、絶望的状況から戦場を駆け抜けてきた男ブライト・ノアその人だ。

関連:【写真】ガンダムガチオタモデル・水瀬ちかのララァコスプレが「優勝」と話題に

今回は宇宙世紀の中で艦長として1、2の能力の高さを持つブライト・ノアについて振り返りたい。

■19歳で素人軍団を引き連れたブライト

のちのアーガマ、ネェル・アーガマなどで艦長を務め、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では「ロンド・ベル」の艦隊司令まで務めたブライト。そんな彼が最初に艦長に就任したのは19歳のときの士官候補生時代。ジオン軍の急襲を受けて艦長であるパオロ・カシアス中佐が戦死(テレビアニメ版)してしまったことで、軍歴わずか6か月足らずの彼が急遽ホワイトベースの艦長代理に任命されたのだ。

乗組員の軍人はほとんどがサイド7で戦死または負傷により離脱しており、運用する人間はほぼ民間人という状況。激戦を重ねる一年戦争をブライトは、この民間人乗組員と、言うこともろくに聞かないパイロットたちを指揮して数少ない死傷者で生き延びたのだった。

アムロのパイロットとしての腕前は天才的。だがまだ未熟な部分が多く、第9話ではアムロの子どもじみた言動に対して手を上げてしまう。このシーンでブライトは、「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!」といささか感情的に叱責しているが、大人になった今あらためて彼を見ると10代にしてとてつもない責任を背負わされたプレッシャーがセリフや行動から痛いほど伝わってくる。

そしてその後、「俺はそれだけの才能があればシャアを超えられる奴だと思っていたがな!残念だよ!」と本音を混ぜながらきちんとフォローまで入れており、結果的にアムロはブライトの言葉をきっかけに自分の立場を自覚していく。中間管理職としてとてつもない天才の持ち主ではないだろうか。

■伝説的ニュータイプたちを見守ったオールドタイプ

ファーストガンダムの頃は、経験が浅い重責に焦る若き軍人というイメージだったが、後に立派な指揮官として成長していったブライト。その場面場面で、彼にしか言えない力強い言葉を残しており、それが彼の何よりのすごさなのは間違いない。

映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』では、地球連邦軍・独立新興部隊「ロンド・ベル」の旗艦ラー・カイラムの艦長と艦隊司令を兼任。それまで時折見せていた弱さをすっかり無くし、ネオ・ジオンによる「アクシズ落とし」を阻止する作戦を決行するため、クルーに「すまんがみんなの命をくれ」と告げた。ラー・カイラムのクルーたちは誰も首を横に振らず、全員が無言の敬礼。言葉ひとつでブライトが絶大な信頼を集める、10代のブライトから見続けてきた視聴者にとっては涙必至のシーンだった。

アムロ・レイ、カミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタと言えば宇宙世紀のガンダムにおける最強のニュータイプパイロットであり、最強の問題児たち。そんな3人を時には育て、指揮できたのは長き宇宙世紀においてもブライト・ノアただ1人であろう。

そして宇宙世紀0096を舞台にした『機動戦士ガンダムUC』では、ガンダムに乗っていいのか悩むバナージ・リンクスに対し、ここでも力強い言葉をかけている。

ブライトは、今までのガンダムパイロットも偶然ガンダムと出会ってきたと前置きをして「ガンダムに乗るかどうかは自分で決めたことであって、偶然ではないはずだ。そのとき、君にガンダムに乗る決意をさせたものはなんだ」と説得する。このセリフが、バナージをガンダムに乗せるきっかけとなった。

ブライトはこのとき36歳。周囲がいくら説得してもムダだった相手に対し、ブライトがほんの少し会話をしただけで心を動かしてしまう。19歳で艦長代理に任命され、プレッシャーの中でギリギリの選択を迫られてきた彼だからこそ言えたセリフなのだろう。

当サイトでは過去にガンダムファン約600人に「理想的な上官」についてのアンケート調査を行っており、ブライト・ノアはランバ・ラルに次いで2位となっている。クルーだけでなく、視聴者も納得してしまう上司といえよう。

【写真】ガンダムガチオタモデル・水瀬ちかのララァコスプレが「優勝」と話題に

ふたまん+編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加