西九州新幹線「かもめ」デビュー! 長崎駅の式典・出発式に長濱ねる

西九州新幹線「かもめ」デビュー! 長崎駅の式典・出発式に長濱ねる

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

JR九州は23日、西九州新幹線の開業記念式典・出発式を各駅で実施した。長崎駅では上り始発列車「かもめ2号」の発車に合わせて行われ、JR九州代表取締役社長執行役員の古宮洋二氏、長崎駅の1日駅長に任命された長濱ねるさんらが出席した。

JR九州、在来線特急「かもめ」がラストラン「今までありがとう!」

西九州新幹線は武雄温泉~長崎間で1日あたり上下計47本(うち3本は新大村~長崎間)の「かもめ」を運行。武雄温泉駅で「リレーかもめ」などの在来線特急列車と同一ホームで乗換え可能な「対面乗換方式」により運行され、新幹線と在来線特急列車を1本の列車として案内し、きっぷも1枚で販売する。西九州新幹線の開業により、所要時間が30分短縮され、武雄温泉~長崎間を最速23分、博多~長崎間を最速1時間20分で結ぶという。

開業当日の長崎駅では、早朝から多くの人がきっぷを求めて並ぶ中、開業記念式典に先立ち1日駅長任命式を実施。長崎県出身のタレントで西九州新幹線広報大使を務める長濱ねるさんが1日駅長に任命された。くす玉開きに続いて改札通り初めが行われ、長濱さんもきっぷを手に新幹線改札口を通り抜けた。

開業記念式典の後、新幹線ホーム(14番のりば)へ移動。停車中の「かもめ2号」は、指定席・自由席ともに満員で、指定席が発売後わずか10秒で完売、自由席も乗車人数の制限が行われたとのこと。出発式は「かもめ2号」の先頭車付近で行われ、JR九州の古宮社長や長濱さんら出席者によるテープカットの後、出発合図となった。1日駅長の長濱さんと長崎駅長が合図を行い、「かもめ2号」は6時17分、定刻に長崎駅を発車した。

出発式を終え、囲み取材に応じた古宮社長は、西九州新幹線開業を迎えての心境を聞かれ、「率直な気持ちとして、一番列車が出て安心しました。これまで準備に携わった社員みんなに『ありがとう』と言いたい」と語った。新幹線が部分開業のため、「対面乗換方式」での運行となることに対しての質問もあったが、「平成16(2004)年に九州新幹線の新八代~鹿児島中央間が開業したときも、乗換えの抵抗がないようにと考え、下りは博多発鹿児島中央行、上りは鹿児島中央発博多行としていました。今回もそれを踏襲しており、お客様にもご理解いただけるのではないかと思います」「今回できた新幹線を生かすため、ここから先について考えていく必要性も感じています。私なりに、できることがあればさまざまな場面でやってみたいと考えています」とのことだった。

一方、長濱さんは新駅舎となった長崎駅に関する質問に、「初めて新駅舎を訪れたとき、降り立ったホームの奥に広がる海の景色にすごく感動しました。あと、終点なので線路の最後の部分が見られるというのも、なかなかレアだなと思っていて。そういったところもたくさんの人に楽しんでいただけたら」とコメント。長崎の魅力については、「帰ってくるたびに新しい街になってるなという実感があります。若い新しいパワーと、長崎の伝統的な歴史のパワーが融合することで、より豊かな都市になっていくのかなと思って、わくわくしています。そういった面を長崎に来る方々にも楽しんでほしい」と話していた。

MN 鉄道ニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加