【G大阪】中止試合の代替開催決定に、宮本恒靖監督と主将の三浦弦太が心情を明かす。「日程どうこうというより...」

【G大阪】中止試合の代替開催決定に、宮本恒靖監督と主将の三浦弦太が心情を明かす。「日程どうこうというより...」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/06
No image

オンライン取材に応じた宮本監督。過密日程や助っ人の状態についてコメントした。©GAMBA OSAKA

J1のガンバ大阪は4月6日、新型コロナの影響で中止となっていた6試合の代替開催決定を発表した。代替日は以下のとおりとなった。

11節vs名古屋(アウェー)=4月22日(木)
2節vs鹿島(ホーム)=7月24日(土)
3節vs大分(ホーム)=7月27日(火)
4節vs札幌(アウェー)=7月30日(金)
5節vs仙台(アウェー)=8月3日(火)
6節vs横浜(ホーム)=8月6日(金)

同日、オンライン取材に応じた宮本恒靖監督は、中止試合の代替日決定について「過密日程になっているのは間違いないので、チーム全体でしっかり戦っていくしかない」とコメント。また主将の三浦弦太も次のように心情を明かした。

「中止になっていたら勝点18を失って、失点数も増えていた。延期で試合をやれるのは、日程どうこうというよりも、試合をやれる喜びのほうが大きいです。もちろんコンディションや怪我も気を付けなければいけないと思いますけど、やらずして負けになるよりかは全然そっちのほうがありがたいです。もちろんチーム総力で戦うことになると思います」 総力戦となれば、やはり新戦力の早期フィットは不可欠だろう。宮本監督は広島戦で先発したチアゴ・アウベスについて「コンディションは上がっていて、練習で見せるパフォーマンスで質が向上している」と述べ、またレアンドロ・ペレイラに関しては「キャンプに合流した頃に比べると意識が変わってきていて、チームが求めているものをやろうとしている姿勢も見られる。攻撃面での持ち味もクオリティが上がってきている。コンディションを上げていく段階にあると思います」と述べる。新加入で注目のアタッカーが、これから活躍していく兆しはありそうだ。

現在、リーグ2試合で得点は0。ただ、攻撃については「(広島戦では)ポジションを取ってビルドアップし、何本か良いシーンもあった。相手を剥がせる手応えは掴んでいる」(東口順昭)。チームとしてのオフェンス構築も着実に進んでいるのだ。

まずは今季初のホーム戦となる福岡戦(4月7日)でゴールを奪えるか。再び走り出したG大阪のパフォーマンスに注目だ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加