相模原の緑化を支援 相模原造園組合が29回目の寄付〈相模原市中央区〉

相模原の緑化を支援 相模原造園組合が29回目の寄付〈相模原市中央区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2021/11/25

市内の造園業者で構成される相模原造園協同組合(志村好美理事長)は9日、相模原市の「みどりのまちづくり基金」へ寄付を行った。

市内の保存樹林・樹木保全事業など緑化推進を図る事業の財源として設置されている「みどりのまちづくり基金」。同組合がこの基金に寄付を行うのは今年で29回目。市役所を訪れた志村理事長は「続けることに意義があると思う。相模原の『緑』に関することに役立ててほしい」と期待を寄せた。それに対して本村賢太郎市長は志村理事長に感謝状を手渡し、「これからも市のグリーン化に協力、支援をお願いします」と話した。

No image

目録を手渡す志村理事長(左)と本村市長

タウンニュースさがみはら中央区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加