星川商店会 発足後初のイベント 駅前広場で6月26日に「縁日」〈横浜市保土ケ谷区〉

星川商店会 発足後初のイベント 駅前広場で6月26日に「縁日」〈横浜市保土ケ谷区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/06/23

今年4月に誕生した「星川商店会」(林俊二会長)が6月26日(日)に発足後初となるイベント「星川☆まつり」を開催する。会場となる相鉄線星川駅南口の駅前広場には飲食や射的、ヨーヨーすくいなど、幅広い世代が楽しめるブースが出展する予定。林会長は「商店会のテーマである『地域に笑顔と活力を』を具現化した催しにしたい。多くの方々に楽しんでいただければ」と話している。

星川駅と隣接の天王町駅間の連立立体交差事業で全線高架化が実現したことにより、星川駅周辺では、公共施設や商業施設が集まる北側と公園やスポーツ施設、横浜ビジネスパーク(YBP)などが集まる南側が一体となり、これからのまちの変化に期待が高まっていた。そうした中、ハロウィンイベントをはじめとした地域活性化や防犯強化活動などを展開していた駅南口で店舗を経営する有志らで組織する街づくり団体が中心となり、昨秋から準備を進め、4月1日に商店会が設立された。

発足記念イベントとして開催される「星川☆まつり」の会場は4月から共用が開始された星川駅南口バスターミナル横の駅前広場。午前11時30分から午後6時30分まで商店会に加盟する店舗や近隣商店街などが、焼きそばやイカ焼き、かき氷などを販売するほか、射的やスーパーボウルすくいなど、「縁日」をイメージした出店が出展し、幅広い世代が楽しめる企画が用意されている。

このほか、区内のイベントなどで活躍する、ご当地戦士「帷子戦士デザイヤー」ショー(正午から午後1時)や、保土ケ谷区出身のDJで津軽三味線奏者として紅白歌合戦にも出場した経験もあるDJ帝(みかど)さんが会場を盛り上げる。

スリッパ卓球も復活

商店街活性化を目的に和田町商店街の若手有志が中心となり2015年に初開催されて以降、全市に広がった「スリッパ卓球」の特別大会も開かれる。

コロナ拡大以降では区内初開催となる「復活」大会で、午後1時から参加者を受け付け、1時30分から試合開始予定。参加賞のほか、優勝者には豪華賞品が贈られる。

No image

チラシを手にイベントをPRする林会長

No image

激しい攻防戦が期待されるスリッパ卓球

タウンニュース保土ケ谷区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加