エシー&トーマシン、“逃避行”の裏側は和気あいあい『ドライビング・バニー』メイキング映像

エシー&トーマシン、“逃避行”の裏側は和気あいあい『ドライビング・バニー』メイキング映像

  • シネマカフェ
  • 更新日:2022/09/26
No image

『ドライビング・バニー』メイキング © 2020 Bunny Productions Ltd

もっと画像を見る

世界の映画祭で賞賛された、エシー・デイヴィスとトーマシン・マッケンジー出演作『ドライビング・バニー』が9月30日(金)公開。そのメイキング映像を独占入手した。

「鎌倉殿の13人」「初恋の悪魔」など話題作続々の山谷花純、『天間荘の三姉妹』でも難役に挑む

離れて暮らす幼い娘のために、誕生日パーティを開いてあげたい。そんな小さな願いを取り上げられた40歳のバニー(エシー・デイヴィス)は、愛情豊かに子どもたちを育て、複雑な家庭事情に苦しむ姪のトーニャ(トーマシン・マッケンジー)にも救いの手を差し伸べる。人生どん底状態でも情とウィットを忘れないバニーが、なぜ家庭支援局で立てこもり事件を起こしてしまったのか?

No image

エシー・デイヴィス

新たに届いたメイキング映像では、物語のクライマックスといえる家庭支援局で立てこもり事件を起こしたバニー役のエシーに、本作が長編デビュー作となるゲイソン・サヴァット監督が、バニーの心情を丁寧に説明し、演出をしている貴重なシーンが見られる。

行き場のないバニーと継父に言い寄られ苦しむ姪のトーニャ。社会的には弱者であるふたりが寄り添い、一緒に逃避行を始めることになる重要な車に乗り込むシーンでは、トーニャ役のトーマシンも交えて、和やかに会話するアットホームな撮影現場の雰囲気が垣間見える。

No image

ゲイソン・サヴァット監督

主人公バニーを演じたエシーは『ベイビーティース』(19)や、夫であるジャスティン・カーゼル監督作品『ニトラム』(22)でオーストラリア・アカデミー賞助演女優賞を受賞。バニーの姪トーニャを演じるのは『ジョジョ・ラビット』『ラストナイト・イン・ソーホー』『パワー・オブ・ザ・ドッグ』『オールド』など話題作に次々と出演し、ハリウッドでも活躍するいま注目の若手トーマシン。世代を超えた女優共演たちの貴重なメイキングシーンも必見となっている。

No image

トーマシン・マッケンジー

『ドライビング・バニー』は9月30日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて公開。

吉野北人“司”の新たな一面に「眼光の鋭さが最高」「惚れ直す」の声多数『HiGH&LOW THE WORST X』

南仏の別荘で食事を楽しむクローリー家の面々をとらえる『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』本編映像

『アバター』特別版が2週間限定公開!最新作『ウェイ・オブ・ウォーター』公開前に再上映

text:cinemacafe.net

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加