冨安健洋も大貢献の完璧な“チームゴール”。プレミアリーグ月間ベストゴールが美しい!

冨安健洋も大貢献の完璧な“チームゴール”。プレミアリーグ月間ベストゴールが美しい!

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/01/15
No image

【写真:Getty Images】

アーセナルのFWアレクサンドル・ラカゼットの決めたゴールが、12月のプレミアリーグ月間ベストゴールに選出された。DF冨安健洋も大きな役割を果たし、完璧なパスワークによって生み出された“チームゴール”だった。

月間ベストゴールに選ばれたのは、ラカゼットが12月11日のプレミアリーグ第16節サウサンプトン戦で記録したゴール。アーセナルが3-0の勝利を収めた試合で前半21分に挙げた先制点だった。

まずゴールの起点となったのはGKアーロン・ラムズデール。相手FWのプレッシングを受けたラムズデールがDFベン・ホワイトへとボールを渡し、MFトーマス・パーテイを経由して右サイドの冨安へ。冨安は迫りくる相手選手より先にワンタッチでパスを繋ぐと、MFマーティン・ウーデゴールからのリターンを受けてボールを進める。

FWブカヨ・サカが右サイドのタッチライン際で冨安からのパスを受け、エリア右まで持ち込んでクロスを折り返す。冨安もエリア内にまで上がってきていたが、その前を抜けたボールを最後はラカゼットが右足ダイレクトで合わせてゴールへ蹴り込んだ。

「最終ラインから完璧な動きだった。毎週取り組んでいるようなプレーだから本当に良かったよ。チーム全体で決めたゴールだし、サッカーではチームが何より重要だ。だからこういうタイプのゴールは本当に素晴らしいと思う」とラカゼットは受賞に際してコメントしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加