高知 新型コロナ新たに11人確認

高知 新型コロナ新たに11人確認

  • 高知RKCニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

高知県は15日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに11人確認されたと発表した。高知市10人。県は対応ステージについて早ければ16日にも現在の非常事態から特別警戒に引き下げることを検討している。県内の感染確認は4012人になった。

高知県は15日、新型コロナウイルスに感染した人が新たに11人確認されたと発表した。県は県独自の対応ステージについて早ければ16日にも現在の非常事態から特別警戒に引き下げることを検討している。新たに感染が確認されたのは10歳未満から80代までの男女11人。市町村別では、高知市が10人、宿毛市が1人。全員、軽症で感染経路がわかっていない人は5人。年代別では、10歳未満、20代、30代、40代がそれぞれ2人など。県の発表によると安芸市の県立あき総合病院の事務職の40代女性の感染が明らかになった。女性と同じ部屋で勤務する職員など69人を検査したが全員陰性だった。女性は、患者や県民と接することはなく院内感染の可能性は極めて低いことから診療体制は通常通りとしている。また15日時点での対応ステージは「非常事態」に据え置いているが、全療養者数、病床の占有率などすべての指標で「特別警戒」以下となっている。県は早ければ16日にも特別警戒に引き下げることを検討しているが、高知市の飲食店などへの営業時間短縮要請など一部の対策は継続する見込み。これで県内の感染確認は4012人となった。入院、治療が必要な人は198人。このうち中等症が7人、重症が3人。宿泊療養施設を利用している人は73人、自宅療養、自宅待機している人は69人。現在の対応ステージは「非常事態」。全療養者の数は199人と「特別警戒」のレベルに下がり、病床の占有率は19.5%とそれ以下に下がるなどすべての指標で「特別警戒」以下となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加