オリックス球団営業部20代男性社員がコロナ感染

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01

オリックスの球団営業部に所属する20代の男性社員(大阪市在住)が新型コロナウイルスの抗原検査で陽性と判定されたことが1日、分かった。球団が発表した。

同社員は7月31日に体調不良を感じたため病院で受診し、感染が判明。普段は本拠地の京セラドーム大阪に隣接する建物内に勤務しており、チーム関係者との接触はなし。現在は発熱もなく、体調は回復し、保健所の指示で自宅待機を続けている。球団内にその社員との濃厚接触者と判定された社員が1人いたものの症状はなく、同様に自宅待機を続けている。

また7月31日に陽性判定を受けたことが明らかになった球団管理部門の40代男性社員に関しては、管轄の保健所から濃厚接触者なしと判定された。

チーム内に濃厚接触者がいないことで、4日からのロッテ戦(京セラドーム大阪)は予定通り行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加