野村弘樹氏、DeNA・東の6回途中降板に「僕だったら...」

野村弘樹氏、DeNA・東の6回途中降板に「僕だったら...」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/06/23
No image

DeNA・東克樹

● 巨人 5 - 7 DeNA ○
<10回戦・東京ドーム>

23日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-DeNA戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、DeNAの先発・東克樹について言及した。

今季初勝利を目指す東は5回まで巨人打線を無失点に抑えると、打線も6回表までに7点を援護。しかし、7-0となった6回、坂本勇人に適時二塁打を浴び1点を返されると、石川慎吾の内野ゴロの間に三塁走者の生還を許し失点した。巨人ベンチが中田翔を代打に送ったところで、DeNAベンチも東の交代を決断。東は6回途中・105球で降板となった。

この降板に野村氏は「ここはベンチの判断なのでなんともいえないですけど、確かに球威も落ちてきたところはあると思うが、中田翔と勝負させてもいいんじゃないかなと思いますけどね。まだ5点差で6回ですから。開幕を任せたのであれば、僕だったら中田翔、丸までは見たかったですね」と自身の見解を述べた。

2番手で登板したクリスキーが、中田にライトへ一発を食らった。野村氏は「だったら僕は東が打たれた方が気持ちいいと思いますね。それで交代の方がわかるような気がしますね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加