【語れるU3万円ウォッチ】究極の高見え時計「マディソン ニューヨークのクロノ」はコスパ最強!

【語れるU3万円ウォッチ】究極の高見え時計「マディソン ニューヨークのクロノ」はコスパ最強!

  • MonoMax Web
  • 更新日:2022/11/25

どんなジャンルにおいても傑作といわれるアイテムは語れるポイント多し。機能は?デザインは?使い勝手は? ……魅力あふれる傑作モノに注目。
今回はマディソン ニューヨーク「アンダー3万円のラグスポ時計」をピックアップ! 所有欲をくすぐられる逸品です。

U3万円で手に入る究極の“高見え時計”

No image

マディソン ニューヨーク/ブレーカー(左)MA011007-3 (右)MA011007-5 各¥27,500
問い合わせ:ミスズ TEL:03-3247-5585

ラグジュアリースポーツウォッチを同社が現代的な解釈でアウトプット。文字盤のクラシカルかつスポーティな意匠はもとより、精悍さを演出するステンレス製3連ブレスなども印象的。ケース径47mm、10気圧防水、クオーツ

良いものと聞いてイメージするのは高機能やいいデザイン、そして懐事情に配慮した価格ではないでしょうか。それらの要素すべてに真摯に向き合い、妥協なきものづくりを続けているのがマディソンニューヨークです。

30年以上の実績を持つ同社が作る腕時計は語る要素にあふれた、まさに傑作。その代表例がブランド随一の人気モデル「ブレーカー」です。本作はラグジュアリースポーツウォッチ、いわゆるラグスポを意識したデザイン性と堅牢性を兼ね備えたモデル。細部にまでこだわったつくりは高級時計と同等の存在感です。

さらに、ローマンインデックスやギョーシェ風の文字盤、バックル内のペルラージュ仕上げなどクラシカルな意匠も携えており、休日の服にもビジネススーツにも最適。これほどこだわり抜いたディテールを各所に詰め込み、高級感のある佇まいを実現しているのに、アンダー3万円で手に入ることが驚きです。

価格面という、ものづくりではどうしても目をつぶりがちな部分でも、様々な努力と工夫を積み重ねているであろうことが容易に想像でき、同ブランドの心意気を感じます。傑作と呼ぶにふさわしい、大人の感性に寄り添ってくれるハイクオリティ&ハイコスパウォッチです。

【語りどころ1】高級時計にも用いられるペルラージュ仕上げ

No image

バックルを外したときに、ちらりと覗くペルラージュ仕上げ。高級時計でも採用されている意匠で、美しい光沢が特徴的だ。見えないところにも作り手のこだわりが詰まっている。

【語りどころ2】重厚感がありながら軽量で10気圧防水

No image

ビスが打ち込まれたベゼルは存在感があり、スーツと合わせると全体を引き締める。三重構造を採用したケースは、手に取りやすい価格帯ながらも10気圧防水を実現。雨にも強い。

【語りどころ3】細部にもこだわり満載!男心をくすぐるフェイス

No image

ローマンインデックスと文字盤のギョーシェ風のあしらいの組み合わせによりクラス感上昇。横目式のクロノグラフはサブダイアルの1つをデザインに落とし込み、精悍さを演出。

取材・文/金山 靖 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/小林知典

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加