東海大 リーグ3連覇へ開幕3連勝も...木村監督「もろいところも出た」

東海大 リーグ3連覇へ開幕3連勝も...木村監督「もろいところも出た」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

前半、ゴールポスト真下にダイビングトライを決める東海大のララトゥブア(撮影・大友信彦)

「ラグビー・関東大学リーグ、東海大31-19法政大」(17日、江戸川区陸上競技場)

リーグ戦3試合が行われた。3連覇を目指す東海大は31-19で法政大を下し、日大も29-10で専修大に快勝、ともに開幕3連勝を飾った。中央大と大東大は29-29で引き分けた。

リーグ3連覇へ東海大が王者の強さを示した。雨により互いに反則が増えたが、前半5分にラインアウトからペナルティートライで先制すると同17分、20分と序盤に攻め込み、開幕3連勝とした。ナンバー8吉田大亮主将(4年)は「変わらず自分たちのやるべきことを明確にし、試合の入りは良かった」と戸惑うことはなかった。

ただ、勝ちきった中でも木村季由監督(54)は反省を口にした。後半は1トライしか奪えず、相手に押し込まれる場面もあった。「攻守に詰めの甘さ、もろいところも出た」と今季の調整不足の難しさを改めて痛感した。

それでも、目標は変わらない。3連覇の先にある初の大学日本一へ指揮官は「一戦一戦上げていくしかない」と、貪欲にチーム力を上げていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加