「飲んでね?」お薬を持って見つめるチンチラに癒やされる

「飲んでね?」お薬を持って見つめるチンチラに癒やされる

  • おたくま経済新聞
  • 更新日:2020/11/20
No image

画像提供:ぴーちゃんさん(@salutenchant)

薬を飲むのって、なんだか面倒くさい気がしてしまいますが、愛するペットに「飲もうね?」とされたら?チンチラのピスタチオくん(オス/1歳3か月)がお薬を持っている姿を、飼い主さんがTwitterに投稿すると、9万5000件以上のいいねが付き、「かわいい!」と話題になっています。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

飼い主さんは11月17日、「飼い主の喉をすごく労ってくれているチンチラ」というコメントと共に、写真を投稿。写真には、トラネキサム酸と書かれたお薬を持って「飲んでね?」と言わんばかりに、こちらを優しく見つめるピスタチオくんが写っていました。

No image
No image

これは、いくらお薬が苦手だったとしても飲んでしまいそうですね。飼い主さんに話をうかがうと「自分が薬剤を飲むときに、チンチラが持ってくれたら嬉しいな~と思った」と撮影のきっかけを語ってくれました。さらに「噛まない子であることと、噛んでもすぐ止められる(どう頑張っても一瞬でPTPとカプセルを超えて薬剤まで到達しないだろうし)こともあり、まあいいかと思ったからです」とのこと。

また、飼い主さんは「これは、指示したものを持つよう(食べないように)しつけられているチンチラで、かつ薬の包装(PTPシート)に興味を持たないかじり癖のない個体であり、薬剤に関する専門知識を持っている飼い主の監視下で撮られているなどの条件下での写真です」と語り、「薬剤の誤飲は大事故を招く可能性があり、そうでなくてもPTPのシートを噛んで食べることもペットの健康を害する可能性があるので真似をしないようにお願いします。また、ペットが自由に触れる場所に、人間の薬剤を置いておくことは避けてください」と、注意も呼びかけています。

ピスタチオくんは元々、ブリーダーさんから「人に懐かないと思う」と言われながらも譲ってもらった子だったのですが、飼い主さんの家に来てからは、人に懐いて芸もするようになったそう。ただ、飼い主さん曰く「相変わらずビビリです」とのこと。

「脱走癖(誰かが部屋を出ようとすると後ろをついて行こうとする)がありますが、噛み癖がなく、一度も噛まれたことがありません」と語る飼い主さん。「かなり飼いやすいチンチラだと思います」と話していました。

「めちゃくちゃ可愛かったです。天使です」と言うピスタチオくんの写真には、1万件以上のリツイートと、9万5000件以上のいいねが付き、「薬剤師さんがチンチラだったらいいなぁって思ってしまいます」「チンチラの優しさに涙が出る」「心配そうな表情で薬を持っているように見えてかなり癒される」など、多くのコメントが寄せられています。

飼い主の喉をすごく労ってくれているチンチラ😭 pic.twitter.com/k7M8tjzQ4P
— ぴーちゃん(*´꒳`*) (@salutenchant)
November 17, 2020
from Twitter

それから、
これはペットの性格や躾、私自身の専門領域鑑み監視下でわざわざ持たせて撮ったものです。薬を動物が誤飲すると危ないのでその辺に置いておかないよう管理に気をつけて下さい🙏
また、安易に真似されないようお願いします😌💦
— ぴーちゃん(*´꒳`*) (@salutenchant)
November 18, 2020
from Twitter

<記事化協力>
ぴーちゃんさん(@salutenchant)

(佐藤圭亮)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加