中日根尾昂、打撃練習回避 守備、走塁練習までは通常メニューこなすも

中日根尾昂、打撃練習回避 守備、走塁練習までは通常メニューこなすも

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

中日根尾昂(2021年5月19日撮影)

<日本生命セ・パ交流戦:楽天-中日>◇10日◇楽天生命パーク

中日根尾昂内野手(21)が今季初めてベンチメンバーから外れた。

試合前はアップ、キャッチボール、守備練習、走塁練習までは通常メニューをこなしたが、打撃練習は回避。フリー打撃の打球を外野で捕球するなどして練習を消化した。

同内野手は9日楽天戦(楽天生命パーク)の4回守備で太田のライナー性の打球にダイビングキャッチを試みたが失敗。飛び込んだ際に左手首をひねった格好になり、6回守備から武田と交代していた。9日の試合後、与田監督は「大きなけがじゃないが、違和感があったので代えた。明日、患部の状態を見て今後を判断する」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加