秋山翔吾、3試合連続スタメン1番も4打数無安打 レッズは逆転負け

秋山翔吾、3試合連続スタメン1番も4打数無安打 レッズは逆転負け

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/08/01
No image

タイガース戦に「1番・左翼」でスタメン出場したレッズの秋山翔吾

○ タイガース 7 - 2 レッズ ●
<現地時間7月31日 コメリカ・パーク>

レッズの秋山翔吾外野手(32)が7月31日(日本時間8月1日)、敵地でのタイガース戦に「1番・左翼」でスタメン出場したが4打数無安打に倒れた。

タイガースの先発右腕・ターンブルの前に初回の第1打席は一ゴロ、二死無走者で迎えた3回の第2打席は二ゴロに倒れた。チームが2-1と逆転した直後の5回は二死一塁の場面で遊ゴロ。遊撃手正面のゴロでも全力で一塁ベースを駆け抜け、塁審は最初セーフと判定したが、チャレンジ検証の末アウト判定に覆った。

2-5と3点ビハインドで迎えた8回の第4打席は、二死無走者で3番手右腕・ファーマーの前に中飛。この日は4打数無安打で打率は.211となった。

レッズは5回、9番・バーンハートの左前適時打で2-1と一時勝ち越すも、6回以降は得点を奪えず逆転負け。今季初の連勝とはならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加