清野菜名の母親役で和久井映見がドラマ「日曜の夜ぐらいは...」出演

清野菜名の母親役で和久井映見がドラマ「日曜の夜ぐらいは...」出演

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2023/03/19

清野菜名主演ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」に和久井映見が出演することが明らかになった。

No image

和久井映見演じる岸田邦子。

すべての画像・動画を見る(全15件)

No image

本作では、平凡な毎日を生きる岸田サチ、タクシー運転手の野田翔子、ちくわぶ工場で働きながら祖母と借家暮らしを送る樋口若葉の友情が描かれる。清野がサチ、岸井ゆきのが翔子、生見愛瑠が若葉役にキャスティングされた。岡田惠和がオリジナル脚本を執筆し、新城毅彦が演出を担当する。

和久井が演じるのは、サチの母親・岸田邦子。車いすでの生活を送りながら娘を思う心温かな人物だ。和久井は「台本を読み、とってもせつなく、みんな幸せでいてほしい。笑っていてほしい。そう願わずにはいられません」とコメントしている。なおYouTubeでは本作のPRスポットが公開中。放送開始日は4月30日に決定した。

「日曜の夜ぐらいは...」はABCテレビ・テレビ朝日系で毎週日曜22時よりオンエア。

ドラマ「日曜の夜ぐらいは...」

ABCテレビ・テレビ朝日系 2023年4月30日(日)スタート 毎週日曜 22:00~

和久井映見 コメント

人の縁、人とのつながり。人は一人では生きていないから、だからこそ、あたたかくもあり、逃れられないせつなさもあり。

サチ、翔子、若葉。
出会う事によってそれぞれの人生が動き出し、お互いを思いながら、まわりの人も巻き込みながら、また人生が動いていく。

台本を読み、とってもせつなく、みんな幸せでいてほしい。笑っていてほしい。そう願わずにはいられません。

どうかどうか日曜の夜に、「日曜の夜ぐらいは...」ぜひご覧ください。

(c)ABCテレビ

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加