NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
米子松蔭と仕切り直しの一戦 境が先制 梶谷がタイムリー三塁打

米子松蔭と仕切り直しの一戦 境が先制 梶谷がタイムリー三塁打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/07/22
No image

バスで到着し、球場入りした境ナイン

「高校野球鳥取大会・2回戦、米子松蔭-境」(21日、どらドラパーク米子市民球場)

米子松蔭の辞退決定から一転の復帰を快く受け入れ、仕切り直しの1戦に臨む境。

三回表を三者凡退に抑え迎えた裏の攻撃。境が先制に成功した。1死から3番・林祐馬外野手(3年)が右線二塁打を放ち、2死二塁の好機を作ると、5番・梶谷欧緒介内野手(3年)が中堅フェンス直撃の三塁打で1点の先制。

境スタンドは盛り上がり、打った梶谷に大きな拍手が送られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加