オリックスが交流戦首位タイに浮上 優勝した2010年以来の栄冠なるか

オリックスが交流戦首位タイに浮上 優勝した2010年以来の栄冠なるか

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

5回、3ランを放つT-岡田(撮影・北村雅宏)

「オリックス6-0巨人」(10日、京セラドーム大阪)

オリックスが巨人に快勝し、楽天と並んで交流戦首位に立った。

初回に4安打を集中させて3点を先制すると、五回にはT-岡田が7号3ランを放って突き放した。セ・リーグのハーラートップタイに立つ巨人・高橋を鮮やかに攻略し、5投手の継投でリードを守り切った。

オリックスが交流戦優勝を果たせば岡田彰布監督が率いた2010年以来、11年ぶりの快挙となる。チームとしてもこれで勝率を5割に戻し、首位・楽天とは4・5ゲーム差となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加