ユーミン、私物の鑑定額1000万円に驚き「マジ~!?」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2020/11/20

松任谷由実が、19日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)に出演。私物の鑑定額に驚く一幕があった。

松任谷は今回、放送200回記念のスペシャルゲストとして登場。驚きの素顔や、東京・世田谷にある豪邸写真を初めて公開した。番組中盤、そんな彼女の“お宝”を鑑定するコーナーに。スタジオに持ち込まれたのは、1977年にリリースされたシングル『潮風にちぎれて』のジャケット写真で着ていたカシミヤのニット。

これは彼女がその昔、古着屋で3万円で買った私服だという。購入してから約40年以上も経過しているにも関わらず保存状態が良いことから有吉弘行は「どういう防虫剤使ってるんですか?」と本気でびっくり。

現在の評価額について松任谷は「古着だから1万円だと思いますよ」と予想。だがアンタッチャブル山崎弘也から「(この服は)ユーミン(というネームバリュー)込みで鑑定してもらってるんでしょ」と指摘されると、彼女は「それを聞いて怖くなりました、自分の価値が問われる」と不安げ。

今回は、古美術品からアンティーク玩具まで幅広く鑑定してきた安達淳さんに鑑定を依頼した。するとその鑑定結果が1000万円だと分かると、共演者は一様に「うわっ!」「出た!」と驚き、松任谷本人も「えーっ!?」「マジ~!?」と仰天。

高額の理由としては、この『潮風にちぎれて』が松任谷名義初のシングルということでプレミアがついたという。山崎から「これぞスター!」と称えられた松任谷は「えっへん」と胸を張っていた。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加