Alienware「m15 Ryzen Edition R5」発表、14年ぶりAMDシステムのゲーミングノート

Alienware「m15 Ryzen Edition R5」発表、14年ぶりAMDシステムのゲーミングノート

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/08
No image

米Dellは4月7日(現地時間)、Ryzen 5000シリーズのプロセッサを搭載するゲーミングノートPC、「Alienware m15 Ryzen Edition R5」と「Dell G15 Ryzen Edition」を発表した。AlienwareのノートPCがAMDのCPUを搭載するのは2007年の「Aurora mALX」以来、約14年ぶり。米国ではm15 Ryzen Edition R5を4月に発売し、価格は1793.98ドルから。G15 Ryzen Editionは5月発売で899.99ドルからとなっている。

デル、Rocket Lake-S搭載ゲーミングデスクトップPC「Alienware Aurora R12」

m15 Ryzen Edition R5は、GPUにGeForce RTX 30シリーズを搭載。メモリにDDR4-3200をサポートする。ディスプレイは15インチで、360HzのフルHD(1,920×1,080)、240Hz表示のWQHD(2,560×1,440ドット)、または165Hz表示のフルHD(1,920×1,080)を選択可能。360Hzと240HzのパネルはG-SyncとAdvanced Optimusテクノロジをサポートする。

デザインコンセプト「Legend 2.0」に基づいた初めてのAlienware製品になる。筐体に汚れのつきにくいSilky-Smooth High-Endurance塗装を用いている。また、冷却機構にCryo-Techテクノロジ、キーボードにCherryと共同開発した超ロープロファイルのメカニカルキーボードを搭載。高級感のあるビジュアルと、ゲーミングノートに求められる機能性と操作性を兼ね備える。

G15 Ryzen Editionは、CPUがRyzen 5 5600H(6コア/12スレッド、最大4.2GHz) またはRyzen 7 5800H(8コア/16スレッド、最大4.4GHz)で、GPUはGeForce RTX 3060 (6GB GDDR6)。メモリがDDR4-3200の8~32GB、ストレージはPCIe接続のNVMe SSD (256GB/512GB/1TB/2TB)。ディスプレイは15.6インチ、フルHD(1,920×1,080)で120Hz、オプションで165Hzを用意している。

キーボードの上や底面にある吸気口から幅広のヒートパイプに空気を流して4つの排気口から熱を排出するAlienwareの技術を用いたサーマルデザインを採用。56ミリ径、最大53枚のブレードを持つファンで効果的に冷却する。

なお、Dellは第10世代Intel Coreプロセッサを搭載したDell G15の通常モデルも4月に発売する予定で、価格は899.99ドルからとなっている。

Yoichi Yamashita

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加