中国で人気を集めるオンライン美術教育Meishubao

中国で人気を集めるオンライン美術教育Meishubao

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2020/07/14

美術を学びたい子供と、美術の学位を持った教師をマッチングするプラットフォームを運営する中国のベンチャー企業Meishubaoは、94か国1000万人のユーザーを抱えるまでに成長した。2020年7月にテンセントから4000万ドルを調達し、さらなる成長を狙う。

美術に特化したオンライン教育

コロナ禍で学校への通学が難しくなる中、オンライン教育への注目が集まっている。中国で2014年に創業されたMeishubaoは、美術に特化したオンライン教育を展開し、多くのユーザーを集めてきた。

主に3歳~18歳を対象に、94か国から1000万人のユーザーを獲得し、月間の売り上げは2850万ドルに達すると言われる。

教師は美術の学位を持ち、厳しい採用試験を通過した人を採用。生徒はモバイル端末を通して教師とコミュニケーションをとりながら、絵を描くなどの実践的な美術教育を受ける仕組みだ。

1対1やグループなど、複数のコースが用意されている。

さらにカリキュラムを追加する計画

Meishubaoは当初、美術大学への入学試験準備に特化した美術コースを主に開発していたが、ビジネスを拡大するにつれ、初等教育レベルにもカリキュラムを展開するようになった。

その他にも、SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)型のアプリや、教師向け管理機能、情報管理と研究開発といった分野で製品開発を進めてきた。今後も、アプリの機能拡張やカリキュラムの拡充に取り組む見込みだ。

2020年7月には4000万ドルの資金調達を発表した。この投資を主導するのは、WeChatで知られるテンセント。あらゆるサービスを統合しつつあるテンセントは、教育事業への投資を進め、業界の発展に貢献しようとしている。

Meishubao

sato.takayuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加