殿堂入り一問一答 高津監督「強いヤクルトを作ってきたというのは自信を持って、自慢してもいいかな」

殿堂入り一問一答 高津監督「強いヤクルトを作ってきたというのは自信を持って、自慢してもいいかな」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15
No image

野球殿堂入りが発表され、記者会見する高津臣吾氏=東京都文京区(撮影・佐藤徳昭)

2022年の野球殿堂入りが14日、東京・文京区の野球殿堂博物館で発表され、競技者表彰のプレーヤー表彰は日米通算313セーブを挙げた現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、史上最年長勝利を含む通算219勝を挙げた元中日投手の山本昌氏(56)が選ばれた。特別表彰では東海大の創設者、故松前重義氏が選出された。高津氏は米大リーグ経験者として史上5人目、現役監督としては8人目の選出。殿堂入りは計212人となった。

――抑えとしての信念

「少しでもチームに貢献したい、少しでも負けたくない、勝ちたい。そういう気持ちが強かったと思う」

――ゲストで出席した古田氏とヤクルトでバッテリーを組んだ

「素晴らしいチームメートに恵まれて、素晴らしい監督の下で、強いヤクルトを作ってきたというのは自信を持って、自慢してもいいかなと思う。その頃の素晴らしいチーム作りというのはもう一回やっていきたい」

――多くの国、チームを渡り歩いた

「なりふり構わず好きな野球ができるならという気持ちで、いろいろなところで選手として続けてきた。やってきたことはすごく楽しく、間違えではなかった。全く悔いもないし、素晴らしい経験をしてきた」

――7度目で殿堂入り。野村元監督は「評価は他人がする」と言っていた

「ここ数年、何票か届かず、正直この殿堂に関しては、もしかしたら縁がないのかなと思ったりもしたけど、冷静な目で委員さんに投票していただいた結果、この殿堂入りになったことは、評価していただいた結果だと思う」

――今後ほしい賞は

「特にはありませんね。珍プレー大賞をもう1回取ってもいいかなと思いますけど、目指すのは優勝、勝つこと」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加