スマホやPCからの画像・文字を金属に刻印。高出力でコンパクトなレーザー加工機「Runmecy」

スマホやPCからの画像・文字を金属に刻印。高出力でコンパクトなレーザー加工機「Runmecy」

  • Engadget
  • 更新日:2021/04/08
No image
No image

Runmecy(ランメシー)の特徴:

1.5000mW高出力で、包丁やドックタグ(金属)の名入れ、木製3D組立キットの製作、印章の作成、レザーのアイコン入れなど、幅広い素材に対応が可能!

2.安定したアプリ&PC操作、文字や画像をアップロードするだけで手軽に刻印!

3.高速彫刻モードで、簡単な文字や画像はわずか数十秒で刻印可能!

Runmecy高性能レーザー加工機とは

No image

従来の小型レーザー加工機では、1600mW~3000mW低出力のものが一般的で、刻印スピードが遅く、1つの画像を印刻するのに時間を要します。

No image

「木製ボードの切断や金属への加工は可能なレーザー小型加工機はありますか?」という声を多く受けた為、皆様のご要望にお応えすべく努力を重ね、高出力5000mWレーザー加工機を開発しました。高速印刻モードにより、簡単な文字やアイコンなどはわずか数十秒で完成!強力かつ繊細な技術を用いたRunmecyは、木製ボードの切断やステンレス素材への刻印が可能となりました。

優れていたOSRAMレーザーチップ

Runmecyはドイツ製のOSRAMレーザーチップを採用し、従来のレーザーを直径0.2mmから0.08mmに圧縮することで、レーザー刻印技術を向上させました。効率的な放熱および精密ガラスレンズで構築された強力なレーザーは、あらゆるデザインを刻印することが可能です。

No image

強力なレーザーにより、Runmecyは厚い木製ボード(最大5mm)を切り抜くことができます。またマーキング用スプレーを使用せず、ほとんどの金属表面を彫刻できます。

No image

幅広い素材に対応

従来の家庭用レーザー彫刻機はパワーが弱く、紙やプラスチックのわずかな表面などを彫ることしか出来ませんでした。

Runmecyは、ほとんどのものに刻印や切断ができます。ステンレス鋼、陽極酸化アルミニウム合金、鉄、ガラス、セラミック、木材、竹、紙、アクリル、革、石、セメント、果物...

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

アプリでテキストを入力して、フォントなどを選択すれば、簡単にデザインし、ユニークな印章を作成可能に!

No image

収納しやすい設計

Runmecyのバッフルは取り外せる為、使用しない時は場所を取らずに収納でき、持ち運びにも非常便利です!

No image

素材編集が楽々に

Wi-Fiを使用せず、スマホのBluetoothに接続(あるいはUSBケーブルでPCに接続)すれば、アプリを使用してその場でデザインを作成できます。

No image

また、各種デバイス(Android、iOS、Mac OS、Windows)に接続することが可能です。

No image

例えば、ギターに名入れする場合は3つのステップで簡単にできます。

ステップ1:紙にデザインする

ステップ2:写真を撮ってアップロードして編集する

ステップ3:編集した内容を刻印する

No image

以下の機能をアプリに搭載しています。

カッティングパズルのライブラリ

白黒コントラスト比の調整

グレー画像調整

色調反転

文字の入力

カバーおよび消去機能

輪郭モード

その他にもたくさんの機能があります!

JPG、BMP(24ビット)、TIFF、PNG(32ビット以下)、PCX(8ビットおよび24ビット)、PCD、アプリで文字入力をサポートしています。

No image

進化したポイント

No image

従来のレーザー彫刻機は「大型で持ち運べない」「価格が高い」などで手が出しづらい製品でした。そういった悩みを、実用性と手頃な価格で解決したのが弊社の初代製品でした。そして今回は、Runmecyが5000mWの高出力になって帰ってきました。家庭用のDIYだけでなく、店舗向けでの使用、プロダクションマーキングなど、様々な用途に対応するレーザー加工機です。

また、レーザー直径を初代の0.12mmから0.08mmにすることで、レーザー性能を大幅に向上させました。同じ画像を刻印するのに、Runmecyは1.5~2倍早く完成でき、より高精細な画像が刻印できるようになりました。

簡単な画像であれば、高速刻印モードでわずか数十秒で完成できます。

No image
No image
No image

Runmecyの高速刻印モードは、従来の刻印モードより3〜5倍早くなりました。精度を必要としない刻印や裁断に最適です。
(スケッチ、署名など簡単な画像は高速刻印することができますが、複雑な画像や細い線のある写真は高速刻印することができません。)

No image

Runmecyが510dpiの解像度で出力可能で、高精細で鮮明な刻印が可能です!

No image
No image

刻印の最適な距離は3〜5cmです。マニュアルフォーカスによりフォーカス距離を手動で設定させることで、レーザーの精度をコントロールし、最適な位置に刻印できます。

No image
No image
No image

損傷防止の金属プレートが付属していて、切断する際に、デスクなどにの損傷を防ぐことができます。また、目盛りが付いているので、刻印対象物をアプリの刻印範囲に合わせれば、よりスムーズに操作が可能!

No image

アプリを通してプレビューが確認できるので、刻印をどの位置にするのか確認しながら簡単に調整できます。

No image
No image

Gセンサー搭載により、動作中に異常な動きやエラーがあった場合は、Runmecyが自動的に電源OFFになります。停止後から作業を続けることも可能です。

No image

また、保護ゴーグルが付属しておりますので、稼働中に光から目を保護することができます。

No image
No image
No image

Runmecyは最大90分連続稼働が可能です。

他社製品との比較

No image

スペック

No image
No image

開発者の思い

No image

DoubleNew Technology Co.は3年間のデザインの磨き上げ、製品のテスト、アプリのアップグレード、ユーザーからの意見により改善したことを経て、今回は、Runmecy高性能レーザー加工機を発表できました。Runmecyはレーザー刻印でトップクラスに位置し、私たちのようなDIY愛好家に自らの作品を創造させるスマートなツールです。

よくあるご質問

Q. 彫刻範囲はどのくらいですか?

A. 彫刻の最大範囲は90mm×80mmです。

Q. iPhoneとAndroid両方に対応していますか?
A. iPhone/Androidに対応しております。 また、Mac OS/Windowsにも対応しています。

Q. レーザー照射前の範囲の確認方法は?

A. レーザー照射前の範囲の確認方法については、 アプリにて刻印内容などを設定完了し後に刻印の範囲は光で表示してくれます。 もし変更がある場合は、再設定すればOKです 。

Q. 連続使用期間を教えてください。保証などは付きますでしょうか?

A. Runmecyのレーザー寿命は合計1万時間以上使用可能です。
例えば毎日5時間使う場合では、5年半以上使用できる計算です。 自然故障の場合は1年の保証期間もございます。

Q.スマホアプリは日本語対応していますか?

A. はい、スマホアプリは日本語対応しています。

Q. 子供は使えますか?

A. レーザーを使用する商品になりますので、大人の方が同伴してご使用ください。

Q. 彫刻できない素材はありますか?

A. ガラスなどの透明で焦点が合わないものは着色する必要があります 。鏡面や反射率が高い素材には刻印できません。

Q. PSEとTelec認証を取得していますか?

A.現在PSEとTelec認証は申請中です。製品発送前に取得完了予定です。

Q. 保証はつきますか?

A.お届け日より1年間メーカーによる保証が受けられます。 保証内容はメーカーの保証内容に準じます。

Q.スマホのアプリやコンピューターのソフトウェアは日本語バージョンがありますか?

A.発送前に日本語バージョンにアップグレード予定です。

リスク&チャレンジ

※お客様都合による返品は、お受けいたしかねます。

※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。

※開発中の製品につき、デザイン・仕様が一部変更になる場合がございます。

※本プロジェクトを通して皆様から想定を上回るご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

※並行輸入品が流通する可能性があります。個人輸入及び販路によっては防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

GREEN FUNDING with Engadget Staff

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加