大阪や福岡など早くも30°C超 西日本を中心に熱中症警戒

大阪や福岡など早くも30°C超 西日本を中心に熱中症警戒

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2022/06/23
No image

2022/06/23 10:24 ウェザーニュース

今日23日(木)は西日本を中心に気温の上昇ペースが早く、すでに大阪市や福岡市など各地で30℃を超えています。厳しい暑さとなりますので、熱中症への警戒が必要です。

午前中から33℃以上の所も

西日本の上空1500m付近には+18℃以上の真夏レベルの暖かな空気が流れ込み、早朝から気温が高くなっています。最低気温が福岡市で26.3℃、鹿児島市で25.0℃など九州では今季初の熱帯夜となった所がありました。雲が多めながらも日差しが届いて気温は上昇中で、福岡市や大阪市などは10時前に30℃を突破しています。

九州北部や山陰、四国の瀬戸内側などで特に気温が高く、10時10分までの最高気温は大分県佐伯市・宇目で33.1℃、鳥取県倉吉市で32.5℃、愛媛県松山市で31.6℃を観測。全国の真夏日地点はすでに100を超えています。

熱中症に警戒を

No image

23日(木)午後の暑さ指数の予想

午後にかけてはさらに気温が上昇して、35℃に近づく所が出てきます。最高気温は福岡市で33℃、大阪市で32℃まで上がる予想です。湿度が比較的高いため蒸し暑く、熱中症の危険度が高まります。午後の暑さ指数(WBGT)の予想では、西日本のほぼ全域が警戒が必要な赤の領域で、さらに危険性の高い紫色の領域もみられます。

屋外で活動する場合はこまめに水分補給や塩分補給を行い、涼しい所で休憩を取るように心がけてください。室内での熱中症の可能性もありますので、エアコンなどで温度管理をしっかり行う必要があります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加