古豪東洋大姫路シーソーゲーム制す、藤田監督「思わずガッツポーズ」/兵庫

古豪東洋大姫路シーソーゲーム制す、藤田監督「思わずガッツポーズ」/兵庫

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

2回から登板した東洋大姫路・森健斗投手(2年)(撮影・三宅ひとみ)

<高校野球兵庫大会:東洋大姫路6-5舞子>◇5回戦◇22日◇ウインク球場

夏の甲子園12度出場の古豪・東洋大姫路がシーソーゲームを制した。

4-5と逆転された直後の7回2死三塁で横道大智内野手(3年)が左中間への二塁打、奥田直輝外野手(3年)は左前打と2者連続適時打で再逆転。2回途中からロング救援した森健人投手(2年)は8回を3者連続三振、9回も3人で片付けた。藤田明彦監督(64)は「暑い試合を勝ち抜けて良かった。(三振の場面は)思わずガッツポーズしてしまった」と笑みを浮かべた。10年ぶりの夏の聖地へまた1歩近づいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加