二十四節気「大暑」 一年で一番暑い時季

二十四節気「大暑」 一年で一番暑い時季

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

2021/07/22 05:00 ウェザーニュース

今日7月22日(木)は、二十四節気「大暑」七十二候「桐始結花(きりはじめてはなむすぶ)」です。

全国的に厳しい暑さが続いていますが、暦の上ではまさに一年で一番暑い期間にあたります。

そもそも大暑とは?

大暑とは夏至の後、約30日で夏の暑さが頂上に達する夏の盛りのころを意味しています。
例年であれば、実際に暑さがピークに達するのは、多くの地方で8月上旬。大暑から次の二十四節気である立秋(8/7)までの間が、夏の絶頂期となります。

暑い夏を乗り越えよう

No image

この夏の暑さを和らげるための生活の知恵として、風鈴が上げられます。
軒先につるされた風鈴は、風が吹くたびに「チリリーン」または「チリチリン」などと軽やかな音色を奏で、まるで涼しさを運んでくるようです。

七十二候の桐はどっち?

桐始結花とは、桐の花が実を結び始める時期を表します。
しかし、紫色の桐の花は開花時期が5月から6月頃とされています。

時期が少しずれていますね?!
そこで持ちあがったもう一つの説が青桐(あおぎり)、別名:梧桐(ごとう)です。

青桐は6月から7月に花を咲かせます。
白くて軽い材が桐に似ており、木の幹が青いことからその名がついたと言われています。ただ、青桐は桐の仲間というわけではなく、別の植物のようです。

桐は貴重な木

No image

桐は伝統的に神聖な木とされてきました。足利尊氏や豊臣秀吉などの天下人が好んで用いたため、政権担当者の紋章という認識が広がり、現代では内閣総理大臣の紋章に起用されています。
もう少し身近なところでいうと、五百円玉の表にも描かれています。

また、伝説の鳥「鳳凰」が住む場所であり、古代中国では幸運の樹とも言われていたようです。
他にも農耕生活に豊穣をもたらすとされ、大切に扱われていました。

参考資料など

【参照・参考元】
小石川植物園の樹木-「キリ」http://warpal.sakura.ne.jp/kbg/kiri/kiri.htm
小石川植物園の樹木-「アオギリ」http://warpal.sakura.ne.jp/kbg/frame-aogiri.html

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加