【白物家電】国内出荷額 過去2番目の高い水準

【白物家電】国内出荷額 過去2番目の高い水準

  • テレ朝news
  • 更新日:2023/01/25
No image

動画を見る(元記事へ)

エアコンや冷蔵庫などの「白物家電」の去年の国内出荷額が2年ぶりに前の年を上回り、過去2番目の高い水準となりました。

去年1年間の白物家電の国内出荷額は2兆5724億円と、前の年より2%増え、2年ぶりのプラスとなりました。

原材料や物流費の高騰で製品価格が上昇したことが主な要因で、1991年に次ぐ過去2番目の高い水準でした。

製品別では、エアコンが1.7%、冷蔵庫が2.1%増加し、洗濯機は過去最高の出荷額となりました。

ただ、出荷量は軒並み減少したことから、日本電機工業会は「物価高による消費者心理の冷え込みを注視している」としています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加