明日のちむどんどん:第24週振り返り 里帰りが大きな転機に 暢子は決断! 家族3人でやんばるに移住

明日のちむどんどん:第24週振り返り 里帰りが大きな転機に 暢子は決断! 家族3人でやんばるに移住

  • MANTANWEB
  • 更新日:2022/09/23
No image

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」第24週の一場面 (C)NHK

黒島結菜さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」(総合、月~土曜午前8時ほか)。9月24日は第24週「ゆし豆腐のセレナーデ」(9月19~23日)を振り返る。

【写真特集】「ちむどんどん」最終週に大物ゲスト! 次女と親子役共演 場面カット解禁!!

「ちむどんどん」は、2014年度後期の朝ドラ「マッサン」などの脚本家・羽原大介さんのオリジナル作品。沖縄料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子(黒島さん)と、強い絆で結ばれた4兄妹の笑いと涙の物語となる。

第24週では、暢子は無事に男の子を出産。和彦(宮沢氷魚さん)と二人で、健やかに育つようにと「健彦(たけひこ)」と名付ける。時は流れて、1984年4月。暢子の店「沖縄料理ちむどんどん」は多くの客でにぎわい、健彦(三田一颯君)は名前の通り、すくすく元気に成長していた。

連休を使って和彦、健彦と沖縄やんばるに里帰りした暢子。地元の野菜の魅力に改めて気付かされ、健彦も自然の中を無邪気に遊び回るなど、充実した日々を過ごすうち、“ある気持ち”が大きく膨らむ。

和彦からの「やんばるで暮らしてみない? 3人で」という提案に後押しされ、暢子は家族3人でふるさとに移住することを決断。東京の暢子の店「沖縄料理ちむどんどん」では、送別会が開かれることになり、店は料理人の矢作(井之脇海さん)が引き継ぐことに。

そして暢子は、“師匠”ともいうべき「アッラ・フォンターナ」のオーナー・房子(原田美枝子さん)の元を訪れ、別れのあいさつをする……という展開だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加