【ジャパンC】オークスVの舞台でユーバーレーベン復活へ 陣営「前走の反動もなく体調もいい」

【ジャパンC】オークスVの舞台でユーバーレーベン復活へ 陣営「前走の反動もなく体調もいい」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

◆第42回ジャパンC・G1(11月27日、東京競馬場・芝2400メートル)=11月25日、美浦トレセン

昨年のオークス馬ユーバーレーベン(牝4歳、美浦・手塚貴久厩舎、父ゴールドシップ)は、石川裕紀人騎手(レースはミルコ・デムーロ騎手)を背に、南の角馬場に入った後、Wコースをキャンターで1周。その後、厩舎周りで引き運動をして馬房に収まった。野島厩務員は「いい意味で変わりなくきています。反動もなくて体調もいいですね」と復活を願った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加