【全国映画動員ランキング1位~10位】『竜とそばかすの姫』&話題の韓国映画がランクイン

【全国映画動員ランキング1位~10位】『竜とそばかすの姫』&話題の韓国映画がランクイン

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2021/07/20
No image

『竜とそばかすの姫』 ©2021 スタジオ地図

全国映画動員ランキング発表!(7/17-7/18)

興行通信社が7月17日(土)、18日(日)の全国映画動員ランキングを発表しました。

今週は細田守監督の新作『竜とそばかすの姫』など新作2本がランクインしています。先週のTOP3『東京リベンジャーズ』『ゴジラvsコング』『ブラック・ウィドウ』は何位になったのでしょうか?

【写真】映画動員ランキングトップ10を画像で見る

10位『SEOBOK/ソボク』

コン・ユ主演のSFサスペンスが初登場10位にランクインです。

国家の使命を受けた余命わずかの元情報局員が、“ソボク”と名づけられたクローン人間を護衛すべく、闇の組織と対決していく姿を描きます。ソボク役を演じるのは、『青春の記録』に出演した若手俳優パク・ボゴム。『建築学概論』のイ・ヨンジュが監督を務めます。

あらすじ:余命わずかの元情報局員ギホンは、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン人間、ソボクの護衛を命じられる。最初は衝突を繰り返すふたりだったが、闇の組織から逃げ続けるうちに信頼関係を築き上げていく。だが、組織の襲撃はより一層激しくなり……。

9位『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』

公開5週目の『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』は、興行収入が累計で12億円を突破しました。

殺し屋を休業し、一般人として生活していた男が因縁の相手と再び対決していく様を描きます。木村文乃、佐藤浩市、山本美月、安田顕らおなじみの出演者に加え、堤真一、平手友梨奈、安藤政信ら新たなキャストが出演。監督は前作に引き続き江口カンが務めます。

あらすじ:伝説の殺し屋・ファブルは、ボスから一年間誰も殺さぬよう命じられ、“佐藤アキラ”の偽名を使い一般人として生活していた。一方、街で暗躍する最強の男・宇津帆は凄腕の殺し屋・鈴木とともに、かつて自分の弟を殺した因縁の敵・ファブルへの復讐に燃えていた。

8位『るろうに剣心 最終章 The Beginning』

公開7週目の『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、興行収入が累計で22億円を突破です。

本作では「なぜ、剣心は2度と人を斬らないと誓ったのか?」というシリーズ最大の謎が描かれます。出演は佐藤健、有村架純、高橋一生ほか。監督は引き続き大友啓史が務めました。

あらすじ:動乱の幕末。緋村剣心は、倒幕派・長州藩のリーダーである桂小五郎のもとで暗殺者として暗躍し、最強の人斬り“緋村抜刀斎”として恐れられていた。そんな折、暗殺の現場で若い女・雪代巴と出会った彼は、幕府の追手から逃れるため一緒に農村へ身を隠すが……。

7位『キャラクター』

公開6週目の『キャラクター』は、興行収入が累計で13億円を突破です。

浦沢直樹監督作品のストーリー共同製作者として携わった長崎尚志によるオリジナル脚本を、『世界から猫が消えたなら』の永井聡がメガホンを取り映画化。殺人鬼と出会ったことで、数奇な運命を辿る漫画家の末路を描きます。

共演は、本作が俳優デビューとなるSEKAI NO OWARIのボーカル・Fukaseほか。

あらすじ:漫画家として売れることを夢見る山城圭吾は、お人好しという性格が災いして悪役を描けず、アシスタントの日々を送っていた。ある日、スケッチに出かけた彼は、とある一軒家を見つけ足を踏み入れる。そこには無残に殺された4人家族と、ひとり佇む男がいて……。

6位『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

公開から19週目に入った『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、累計で観客動員664万人、興行収入101.5億円を突破し、歴代の興行収入ランキング35位に。

エヴァの生みの親である庵野秀明が総監督を、鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏が監督を務めた本作。声の出演は緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子ほか。

あらすじ:ミサト、マリらWILLEのメンバーはパリの市街地で封印されていた旧ユーロNERVを復旧させる作戦を開始。妨害に遭うが撃退し、パリ市街は元の姿をとり戻す。一方、シンジ、アスカ、アヤナミレイ(仮称)は荒廃した町を歩き続け、ある村にたどり着く。

5位『ブラック・ウィドウ』

『アベンジャーズ』シリーズの人気キャラクター、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを主人公に、謎に包まれた過去と秘密を描く『ブラック・ウィドウ』は先週3位から5位に。

共演はフローレンス・ピュー、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・ハーバーほか。監督は『ベルリン・シンドローム』のケイト・ショートランドが務めています。

あらすじ:万能な戦闘スキルとタフな精神を持つ最強スパイ、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ。アベンジャーズを“家族”と呼ぶ彼女の前に、もうひとつの“家族”の者が現れる。そして、彼女はやがて自身の過去や再会の裏に隠れた陰謀と向き合うことになる。

4位『ハニーレモンソーダ』

村田真優の人気コミックを実写映画化した『ハニーレモンソーダ』は先週と変わらず4位をキープ。

本作は、Snow Manのラウールが主演を務め、吉川愛がヒロインを演じます。そのほか堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰ら若手俳優も多数出演。監督は『ピーチガール』『honey』などを手がけた神徳幸治です。

あらすじ:中学時代にいじめられた過去を持つ石森羽花は、自由な校風の高校に進学する。そこには、レモン色の金髪をした“レモンソーダ男子”の三浦界がいた。自由奔放で塩対応だが、実は心優しい界の姿に羽花は心惹かれていく。だが、界はとある秘密を抱えていて……。

3位『ゴジラvsコング』

公開3週目の『ゴジラvsコング』は、土日2日間で観客動員7万5000人、興行収入1億1400万円を記録。累計では観客動員91万人、興行収入14億円を突破しました。

本作は『GODZILLA ゴジラ』『キングコング:髑髏島の巨神』などの世界観をクロスオーバーさせた“モンスター・ヴァース”シリーズの第4作。

出演はアレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホールの他、小栗旬がハリウッド作品初参戦を果たしました。監督は『サプライズ』『ブレア・ウィッチ』などのアダム・ウィンガード。

あらすじ:モンスターの戦いによって壊滅的な被害を受けた、地球。特務機関“モナーク”は、未知の土地で危険な任務に挑み、巨大怪獣の故郷の手がかりを探っていた。そんな折、ゴジラが再び深海から姿を現し、人類は対抗措置としてキングコングを引き出そうとするが……。

2位『東京リベンジャーズ』

『東京リベンジャーズ』は先週からワンランクダウンするも、土日2日間で観客動員26万7000人、興行収入3億6700万円をあげており、累計では早くも観客動員110万人、興行収入15億円を突破しています。

さえない生活を送る青年が、学生だった過去の自分に突然戻り、未来の悲劇を回避するために関東“最凶”の不良軍団に挑んでいく姿が描かれます。

北村匠海のほか、吉沢亮、山田裕貴、鈴木伸之、磯村勇斗、間宮祥太朗など人気若手俳優が数多く出演。監督は実写映画『映像研には手を出すな!』の英勉。

あらすじ:どん底の人生を送る花垣武道。彼はある日ニュースで、ヤンキーだった学生時代に付き合っていた人生唯一の彼女・ヒナタとその弟が、関東最凶の組織“東京卍曾”に殺されたことを知る。その翌日、駅のホームにいた武道は、何者かに背中を押され線路に転落し……。

1位『竜とそばかすの姫』

細田守監督がインターネットの世界を舞台に描く冒険劇が初登場1位に。

土日2日間で観客動員45万9000人、興行収入6億8000万円を記録。公開から3日間の累計は観客動員60万人、興行収入8億9000万円を突破しており、最終興収58.5億円を記録した『バケモノの子』を上回る大ヒットスタートを切りました。

本作は、インターネットの光と闇を独自の解釈で描いた冒険アニメーション。インターネット上の仮想世界で歌姫となった少女が、ネットの秩序を乱す“竜”と出会い、やがて自身の歌声で世界を変えていく姿を描きます。ミュージシャンの中村佳穂が主人公の声を務めます。共演は成田凌、染谷将太、玉城ティナほか。

あらすじ:17歳のすずは、歌が好きだった母親を事故で亡くして以来、心を閉ざしていた。ある日、インターネット上の仮想世界“U”に参加したすずは、“ベル”という分身を作り、やがて歌姫として世界中から脚光を浴びるようになる。だが、ベルの前に謎の存在が現れ……。

全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)

1位『竜とそばかすの姫』
2位『東京リベンジャーズ』
3位『ゴジラvsコング』
4位『ハニーレモンソーダ』
5位『ブラック・ウィドウ』
6位『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
7位『キャラクター』
8位『るろうに剣心 最終章 The Beginning』
9位『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』
10位『SEOBOK/ソボク』

今週末は『犬部!』『劇場版 Gのレコンギスタ III「宇宙からの遺産」』『ココ・シャネル 時代と闘った女』『サイダーのように言葉が湧き上がる』『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』『とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー』などが封切られます。

【写真】映画動員ランキングトップ10を画像で見る

(ぴあWEB)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加