大河ドラマ館 予算縮小してオープン 静岡・伊豆の国市長「紆余曲折あり感慨深い」

大河ドラマ館 予算縮小してオープン 静岡・伊豆の国市長「紆余曲折あり感慨深い」

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/01/15
No image

テレビ静岡

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

市議会が紛糾し、市長選の争点にもなった静岡県伊豆の国市の「大河ドラマ館」が15日、オープンしました。

オープンしたのは主人公の北条義時を紹介する「義時の里」など4つの施設で、伊豆の国市が予算を3分の1以下・8700万円に縮小し、市の施設「韮山時代劇場」を利用して整備しました。

15日は感染対策として入場人数が制限されましたが、訪れた人たちはドラマで使用された衣装や小道具を写真に収め楽しんでいました。

伊豆の国市・山下正行市長「紆余曲折ありましたけれども感慨深いものがあって、ここに来ていただいて各地に周遊していただいて、本当にこの地域を楽しんでいただければと思っています」

大河ドラマ館は2023年1月15日まで開館しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加