「Click-B」出身キム・サンヒョク、ロマンス詐欺の被害を告白「温かい慰めに引っかかった」

「Click-B」出身キム・サンヒョク、ロマンス詐欺の被害を告白「温かい慰めに引っかかった」

  • WoW!Korea
  • 更新日:2023/01/25
No image

「Click-B」出身キム・サンヒョク、ロマンス詐欺の被害を告白「温かい慰めに引っかかった」(画像提供:wowkorea)

グループ「Click-B」出身のキム・サンヒョクが、ロマンス詐欺の被害を明らかにした。

24日午後に放送されたチャンネルS「進撃のオンニたち」では、アイドルから事業家へと新しい人生を生きているキム・サンヒョクが出演した。この日キム・サンヒョクは7つの直営店がある蒸しパン事業からゲームセンター、貝焼き、化粧品事業などで忙しく過ごしている近況を知らせた。

悩み相談書を訪ねたキム・サンヒョクは、「詐欺にあいやすい。株やコインから投資詐欺まで、最近1~2年で1億ウォン(約1000万円)以上の詐欺にあった」と打ち明けた。

キム・サンヒョクは、「長く知り合いの兄さんが骨董(こっとう)品事業の話をして2000万円(約200万円)を投資した。返還を約束していた2、3週が過ぎ少しずつ長引いた。警察に通報するというとお金を渡すと言って。その人の弟が出てきてこれからはお金の管理をきちんとしろ、人をそんなに信じるなと言われた」とエピソードで衝撃を与えた。また高校時代からの知り合いの兄さんにも2000万ウォン(約200万円)を貸したが半分しか返済されていないと打ち明けた。

ロマンス詐欺にもあったと話すキム・サンヒョクは、「ある外国人が翻訳機を使った口調でSNSに連絡が来た。空虚な気持ちで返事をしてみたら、僕も気が付いたら親しくなっていた。心が腐っていたのに温かい言葉で慰めてくれた。すると急にコインの話をし始めた」と話した。

続けて、「外国人がコインの口座を教えてくれと言っても信じない。でも僕の口座を開けておけば配当金が入ると言われた。100万ウォン(約10万円)を入れてみたら、6時間ごとに6000ウォン(約600円)が配当された。なので2000万ウォン(約200万円)を追加で入れたらお金が無くなった。後で検索してみたら、僕と同じ事例が多かった」と伝えた。キム・サンヒョクが公開した相手との会話のキャプチャーを見たMCたちは「ロボットじゃないのか、これは誰が見ても詐欺」と首を振った。

キム・サンヒョクは「11歳で父が事故で早くに亡くなり、恋しさが大きかった。父の死以降別れに対する恐怖が大きくなった。そんな空虚さのせいで温かい慰めにより縋るようだ」とし、「人生の多くは空虚だった。人を憎まなければいけないのか、そう行動した自分自身を憎まなければいけないのか。人とも会わなくなり、うつ病重症の診断を受けた」と告白した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加