チチパス 、シナー破り4強

チチパス 、シナー破り4強

  • tennis365
  • 更新日:2022/05/13
No image

ステファノス・チチパス : 画像提供 Getty

男子テニスのBNLイタリア国際(イタリア/ローマ、レッドクレー、ATP1000)は13日、シングルス準々決勝が行われ、第4シードのS・チチパス(ギリシャ)が第10シードのJ・シナー(イタリア)を7-6(7-5), 6-2のストレートで破り、2019年以来3年ぶり2度目のベスト4進出を果たした。

>>BNLイタリア国際 男子組合せ・結果<<

>>ジョコビッチvsオジェ アリアシム 1ポイント速報<<

今大会の3回戦で世界ランク24位のK・ハチャノフを逆転で破り勝ち上がりを決めたチチパス。この試合の第1セットでは第2ゲームでいきなりブレークに成功。直後の第3ゲームでは3度のブレークポイントを凌ぎ、序盤で3ゲームを連取する。しかし、ホームの大声援を受けるシナーに第5ゲームでブレークを許しゲームカウント3-3とされる。その後はお互いにブレークを許さずにタイブレークに突入。2度のミニブレークに成功したチチパスが先行する。

続く第2セット、チチパスは第3ゲームでブレークに成功。第7ゲームでもブレークを奪うとサービング・フォー・ザ・マッチとなった第8ゲームでは体調不良の観客が出たため一時中断となるも、2度目のマッチポイントを活かし、2時間27分で勝利した。

勝利したチチパスは準決勝で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。ズベレフは準々決勝で世界ランク45位のC・ガリン(チリ)を7-5, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加