広島・栗林良吏がWBC球を試投 「力入れると重く感じる」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2023/01/25

3月に開催されるWBCの日本代表入りが内定している広島・栗林良吏投手(26)が25日、マツダスタジアムを訪れ、大会の公式球で練習していることを明かした。

今年初めてブルペンで投球した24日に使用し「体の状態を確認したかった。(NPB球と比べて)滑る。力を入れて投げると重く感じる」と話した。捕手を立たせて直球とカーブを約30球。新人から2年連続30セーブ以上の守護神は「キャンプで投げ込めるようにしたい」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加