中日・高橋周 待望の今季1号2ラン「甘い球をしっかり仕留めることができた」

中日・高橋周 待望の今季1号2ラン「甘い球をしっかり仕留めることができた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

◇セ・リーグ 中日―巨人(2022年5月14日 東京D)

No image

<巨・中>2回、2ランを放つ高橋周 (撮影・白鳥 佳樹)

中日の高橋周が待望の今季初本塁打を放った。1点リードの2回無死二塁から巨人の先発・シューメーカーの高めのツーシームをとらえ、右中間へ2ランを運んだ。

「甘いボールをしっかり仕留めることができました。すぐに追加点を取れて良かったです」

今季は開幕直前に左足首を捻挫して出遅れ、4月29日の広島戦から戦列に加わったが、試合前まで打率・209と低迷。逆襲の一発となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加