後半戦負けなしのロッテ・美馬が四回途中で降板

後半戦負けなしのロッテ・美馬が四回途中で降板

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/09/15
No image

4回、デスパイネに本塁打を浴び、天を仰ぐ美馬学=ペイペイドーム(撮影・村本聡)

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、18回戦、15日、ペイペイD)ロッテの先発、美馬学投手(34)は3-0とリードを広げた直後の三回に柳田に26号2ランを浴び、1点差に迫られると、四回には先頭打者のデスパイネに同点ソロを被弾した。

その後も1死二、三塁のピンチから今宮に勝ち越しの右前適時打を許したところで交代を告げられた。ここまで後半戦は4戦2勝と安定していたが、試合を作れずにマウンドを降りた。

今季ソフトバンク戦は3試合に先発し、勝ち負けなしも防御率6・75と苦にしていたが、4度目の対戦でも白星の権利を手にすることができなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加