【なでしこジャパン7-0パラグアイ|採点&寸評】MOMは5ゴールに絡んだエース!ボランチの主将も高評価

【なでしこジャパン7-0パラグアイ|採点&寸評】MOMは5ゴールに絡んだエース!ボランチの主将も高評価

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/08
No image

交代出場の田中(左)、籾木(中)、木下(右)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

岩渕は2ゴールを含む5得点に絡む。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

No image

【警告】日本=なし パラグアイ=D・ボガリン(38分) 【退場】日本=なし パラグアイ=なし 【MAN OF THE MATCH】岩渕真奈(日本)

[国際親善試合]日本7-0パラグアイ/4月8日(木)/ユアテックスタジアム仙台

【日本代表・総評】
実力差がある相手だったものの、敵の攻撃をシャットアウトして大量7得点。北村菜々美が初先発し、木下桃香もキャップを刻んだ。ミスがあったとはいえ、中盤は流動的に動き、パスワークも狙い通り。約1年ぶりの国際試合で弾みをつけた。

【個人採点・寸評】
GK
1 池田咲紀子 6
ボールを触る回数は数えるほど。ピンチらしいピンチもなく、最後尾から大きな声で指示を出していた。

DF
2 清水梨紗 6
前半から相手ペナルティエリア内まで駆け上がるなど右サイドで精力的な動きを見せた。フィニッシュに繋がる数がやや物足りなかったか。
5 南 萌華 6.5
代表13試合目にして嬉しい初ゴール。守備の機会では冷静に対処し、枠内シュートは打たせなかった。

22 宝田沙織 6
持ち上がりやフィードでも存在感を放った。守備時も落ち着いたプレーを披露した。

3 鮫島 彩 6
ゴールライン際まで抉りクロスを供給。流動的に入れ替わる中盤を上手く支えた。
MF
6 杉田妃和 6.5(85分OUT)
左サイドでスタート。ポジションを変えながら中盤でも効果的にパスを裁いた。先制弾の起点になるが、ゴールに繋がるプレーはやや少なかったか。

7 中島依美 7
ボランチで抜群の存在感。相手の攻撃の芽を摘み、前線にパスを供給しゲームをコントロールした。キャプテンも務める。

17 三浦成美 6.5(80分OUT)
効果的な走り込みとテクニックで相手の脅威に。岩渕と菅澤のゴールをアシストした。

23 北村菜々美 6.5(66分OUT)
右サイドで先発。代表初出場とは思えない落ち着いたプレーで相手を押し込んだ。
FW
MAN OF THE MATCH
8 岩渕真奈 7(66分OUT)
ボールの無いところでも執拗なマークにあうが、交代するまでの全5得点に絡む活躍。体格差のある相手にも競り勝つ強さを見せた。ゴールにはならなかったが、菅澤とのワンツーで抜け出した39分のシュートは圧巻だった。

9 菅澤優衣香 6(66分OUT)
23分のシュートは決めておきたかったか。ポストプレーでも周囲を活かし、自らも後半頭に得点を奪った。
交代出場
FW
10 籾木結花 6(66分IN)
落ち着いたテクニックで相手を翻弄した。アディショナルタイムに得点を決めるが、他にもチャンスがあっただけに、少し物足りなく感じる。

FW
11 田中美南 6(66分IN)
43分には鋭く抜け出し、GKとの駆け引きも勝利したものの、シュートはポストを直撃。最後は籾木のクロスを頭で押し込みキッチリゴールを奪った。

FW
13 浜田 遥 5.5(66分IN)
裏への抜け出しや、力強さなど自身の良さを発揮するシーンは限られた。高倉監督も「ちょっとボールが足についていない印象」と語る。
MF
20 林穂之香 ―(80分IN)
三浦に代わって出場。短い時間ながらシュートも放ち、一定のアピールには成功したか。

MF
25 木下桃香 ―(85分IN)
杉田と交代で出場し代表初キャップ。積極的な姿勢が相手のクリアボールを身体に当て、籾木のゴールに繋がる。

監督
高倉麻子 6.5
クラブレベルでも気心の知れたメンバーを左右に振り分け、岩渕ら海外組も融合した。大量得点の一方で、「フィニッシュのところはずっと課題」と引き締めた。流動的なポジショニングからのパスワークには一定の手応えがあった。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加