【静岡ホビーショー】モデラーズクラブ合同作品展示会の先行展示がスタート。力作の数々に小中高生も興味津々

【静岡ホビーショー】モデラーズクラブ合同作品展示会の先行展示がスタート。力作の数々に小中高生も興味津々

  • HOBBY Watch
  • 更新日:2022/05/13

【第60回 静岡ホビーショー】

開催日

業者5月11・12日

小中高生5月13日

一般14・15日

入場料:無料

場所:ツインメッセ静岡(静岡市駿河区曲金3丁目1-10)

No image

静岡ホビーショーの一般公開日に、会場の一角を使って行われる、全国の模型愛好家による作品展示会「モデラーズクラブ合同作品展」。31回目を数える今年は、260を超える模型クラブが約8,600点の作品が展示される予定だ。今年の展示会に参加する一部の模型クラブが、小中高校生招待日の5月13日に先行して作品を展示し、当日のメイン来場者である子ども達に披露していた。

No image

あいにくの雨に見舞われた、小中高校生招待日の静岡ホビーショー

No image

5月13日は平日ということもあり、先行参加したクラブの卓は、南館会場の1/3程度だった

No image

子ども達も緻密な作品に興味津々。熱心に説明するモデラーの姿も

No image

独自にワークショップを開くところもあった

イベントの一般公開と同じく3年ぶりの開催ということで、展示された作品は力作揃い。ジャンルも作風も大きさも実に多様だが、その全てに作者の情熱が込められている。この日の出展はツイメッセ南館の展示会場1/3程度。ここではそのほんの一部しか紹介できないのは本当に残念なのだが、本番となる14~15日には同会場の南館と西館で、膨大な作品を見ることができるはず。普段はあまりない、モデラー諸氏と作品について直接話す絶好の機会でもあるので、当日会場に足を運ぶ人は、これらの作品群を楽しんでみてほしい。

No image

ミリタリーモデルの定番の戦車達は、展示会にも多数並んだ

No image

ビッグスケールの戦車も展示。子ども達がその大きさに驚いていた

No image

ダムバスターズがダムを爆撃する壮大なジオラマ

No image

戦車と同様、多数展示された戦闘機や攻撃機もマストだ

No image

光り輝く巨大なモビルアーマー。電飾や電動のギミックも見ていて楽しい

No image

戦闘機とはまた違う、身近な魅力を持つ新旧の旅客機

No image

スマホに動く背景と影を映して演出された、手のひらサイズのメーヴェのジオラマ

No image

こちらの複葉機は、詳しい機体解説が添えられていた

No image

ペーパークラフトで作られたモデル。左上のティーガーIはダンボールでスクラッチしたそうだ

No image

イギリス式設計の日本軍の巡洋艦が並ぶこだわりの展示

No image

「超時空要塞マクロス」と「宇宙戦艦ヤマト」のコラボレーション展示

No image

内部を見せるために大胆にカットされた戦闘機

No image

城の情景と工作機械というユニークな並びも、この展示会ならでは

No image

内部まで作り込まれた深紅のレーシングマシン

No image

EL&Pのアルバム「タルカス」のジャケットを立体化した、筆者のツボに入った作品 (手前)

No image

昨年末の「クリスマスフェスタ2021」でも紹介した、たなかよしみ氏のミキシングビルド作品

No image

モビルスーツも作者の作風が出ていて面白い

No image

アラフィフ世代にはグッとくる、アニメや特撮のメカ達

No image

実物の航空機に紛れたVFシリーズ。 違和感がない

No image

凄い数の「たまごひこーき」シリーズが並ぶ圧巻の展示

No image

様々な生物を独自のセンスのもと、メカニカルに造形した作品

No image

グッドスマイルレーシングチームのマシン。ミクの絵柄はなんと手描き!

No image

1人の少女が100台の車両を率いる、自衛隊への感謝を込めた壮大なジオラマ。俳優・石坂浩二氏のプラモデルクラブ「ろうがんず」の作品だ

No image

バンクシーの作品を立体化したジオラマ。タミヤの人形改造コンテスト参加作品とのこと

No image

模型雑誌に掲載されたモデラー氏のジオラマ作品。見たことがある人もいるはず

No image

手のひらサイズのヴィネットは可愛く、心が癒される

No image

ガンプラ、SDガンダム、ミニ四駆、ルアープラモなど、バラエティに富んだ作品が並ぶ

No image

展開中の「F90 A to Z PROJECT」の武装が並ぶ。これでまだ1/3程度なのだとか

No image

スクラッチとミキシングビルドで作られたMSテイストあふれるオリジナルメカ。電飾やスモークのギミックを内蔵

No image

「未来少年コナン」の巨大なバラクーダ号。要所には劇中シーンを再現したフィギュアがおかれている

No image

宇宙を舞台にした実在のロケットや人工衛星などを制作

No image

左のローラT70 Mk-II スパイダーは、クーペタイプを改造して内部を作り込み、シフトレバーとギアが連動して可動する繊細なギミックを搭載している

No image

数はそれほど多くないが、キャラクターモデルの出展も

No image

展示の卓をスターティンググリッドに見立てた、F1のジオラマ

No image

こちらも雑誌の作例として製作された作品群。作者は学校や自治体でプラモデル講師をしているそうだ

No image

細部まで作り込まれた大型のジオラマは見応えバツグン。隅々まで眺めてみよう

No image

カーモデルのクリアボディに美麗なペイントを施した作品群

No image

スケール感をあえて意識せず、多彩なメカを設置した格納庫のジオラマ

稲元徹也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加